新刊紹介

『歯科口腔抗菌考―むし歯菌・歯周病菌・カンジダ菌の研究がもたらしたもの』

『歯科口腔抗菌考―むし歯菌・歯周病菌・カンジダ菌の研究がもたらしたもの』

口腔内には、腸内以上に多種類の微生物が生息しており、これをオーラルフローラという。腸内フローラ同様、病原微生物が存在し、様々な口腔疾患や全身への感染を引き起こすことが分かっている。著者は、生菌を前提としたプロバイオティクスが定着する中、菌株を口腔内に定着させ「抗菌ペプチド」を産生することが歯、全身の健康につながると説く。

『歯科口腔抗菌考―むし歯菌・歯周病菌・カンジダ菌の研究がもたらしたもの』
二川浩樹 著

A5版・127頁
価格・1300円(税別)
発行所:メディア株式会社 03・5684・2510

⇒健康産業新聞「新刊紹介」一覧をチェックする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞 企業ニュース
  2. 全日本健康自然食品協会、2018賀詞交歓会
  3. 日健栄協、山東昭子会長(左)、下田智久理事長(右)

企業ニュース

  1. 明治、家庭用マーガリン全製品で「トランス脂肪酸」削減へ
  2. 【連載】「機能性表示食品」受理企業の戦略 -㈱ユーキャン サプリメント『快腸肌潤』-
  3. 丸善製薬、ヒハツ抽出物のTie2活性化で特許取得

特集

  1. 酵素・酵母食品、市場は540億円
  2. ゴマ1粒に1%、抗酸化物“リグナン” サプリ、製菓類、スムージー、外食向けなど多用途で採用進む
  3. 健康産業新聞1636_26霊芝
PAGE TOP