未分類

【連載】産学官連携による地域農・畜・水産物活用のための機能性食品開発研究を追う

<シリーズ6>

フラクトオリゴ糖の豊富なヤーコンを用いた加工品の開発

  茨城大学農学部 准教授 宮口 右二


<主な内容>
1.ヤーコンって何? これまでの研究の経緯
2.ヤーコン利用加工品の開発
3.ヤーコンの現状は?
4.今後の課題はヤーコン情報の共有化
まとめ

関連記事

  1. 茶素材の市場動向
  2. 【新技術レポ】DNAチップを用いた食品素材の機能性評価
  3. 【8月号素材レポ】細胞内抗酸化力活性能を持つDHA高含有素材「A…
  4. 【HACCP支援】食品工場の洗浄・除菌剤と周辺資材
  5. 【支援技術】食品製造プロセス&環境対策で用途拡がる分離・濾過技術…
  6. 編集部から
  7. 天然・健康志向で注目される野菜・果実原料
  8. クローズアップ

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP