未分類

【11月号】ハイスループット対応進むクロマト分析のハード&ソフト

 ここ数年、食品の安全性・品質に対するニーズは高度化し、微量成分分析の機会は急増している。特に96年からのポジティブリスト制度のスタートで、従来の分離分析プラス質量分析装置の需要が活発化。高度な分析ニーズに対応し、装置本体だけでなく前処理装置やカラム、ソフトの動きも活発化している。食品は複雑なマトリックスが多く、その中から対象となるごく微量な物質を高速、高分離、高感度に検出するための、ハードとソフトの開発・改良が続けられている。


 クロマト分離分析が関わる食品関連の試験は、糖・ビタミン・脂肪酸などの栄養成分、アミノ酸・核酸、香気成分などの呈味物質、薬用植物・培養生産物・酵素などの生理活性成分、食品添加物、残留農薬・動物用医薬品などの食品の安全性に関わる微量成分や水質、環境ホルモン分析など多種多様な成分にまたがる。クロマト分析システムの技術開発の方向としては、高速・高分離(微量試料対応)・環境対応(溶媒使用量減少化)などが挙げられる。ルーチン分析においては増える検体をいかに短時間で効率よく処理するかが大きな課題で、この点からもハイスループット対応システムのニーズが高まっている。

<クロマト分析関連ハード&ソフトの主な供給企業>

■UHPLC
日本分光
日立ハイテクノロジーズ
■質量分析装置
エービー・サイエックス
■カラム
ワイエムシィ
関東化学
和光純薬工業
■分取クロマト
日本ビュッヒ
■迅速化のための前処理技術
和光純薬工業
日立ハイテクノロジーズ
■GCによるにおい成分分析ソリューション
ゲステル
アルファ・モス・ジャパン

関連記事

  1. 古河産機システムズ 業界初の一軸ねじポンプ開発
  2. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  3. 【7月号】混合・撹拌、乳化・分散装置の開発動向
  4. 食品の機能表示制度の見直しを
  5. 食品産業の殺菌技術と装置開発
  6. 【品質・安全】ATPふきとり検査法の最新動向
  7. 海外開発トピックス
  8. 【品質安全】食品品質のカギを握る温度管理技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP