未分類

【11月号】食品の付加価値を高める分離・ろ過技術

分離・ろ過技術イメージ写真.jpg

 分離・ろ過技術は、飲料や乳製品をはじめ、糖類、調味料、発酵食品など、様々な食品産業の製造プロセス・研究開発分野で利用され、食品産業の発展に寄与してきたことは周知の通りだ。近年は、健康食品や機能性食品原材料などの分野でも導入がさらに進展。また、分離・ろ過技術の向上により、食品の味や香り、色の改善のほか、素材の持つ栄養素を損わない製造プロセスが構築できるなどのメリットが再認識され、設備を見直す動きも出てきた。

 分離・ろ過技術は、各種ろ過膜・フィルターをはじめ、イオン交換膜、金属フィルター、セラミック膜フィルター、クロマト分離、遠心分離機等、用途や目的によって選択できる技術の幅は広い。食品分野では、原料の一次処理や最終製品の精製分離、成分抽出など様々なシーンで使用され、食品・飲料・調味料・健康食品等の製造プロセスにおいても高付加価値化や生産効率向上、コスト削減等に威力を発揮してきた。近年は新たな食材や機能性食品・素材の研究・開発においても不可欠な技術となり、食の安心・安全志向の高まりから、細菌や有害物質の分離除去といったニーズも急速に拡大。近年は環境規制強化を背景に廃水・廃油処理用途での需要も膨らみつつある。


<主な分離・膜装置の供給企業>

■プロセス用分離・ろ過膜システム

ポリポア

■金属フィルター

荒井鉄工所

■イオン交換樹脂膜・クロマト分離

日本錬水

オルガノ

■フィルタープレス

アタカ大機

石垣


関連記事

  1. 【素材レポ】コラーゲン・トリペプチドの変形性膝関節症に対する有用…
  2. 海外開発トピックス
  3. 画像処理システムの最新動向
  4. 高度化する食品産業の粉粒体技術
  5. 【素材レポ】微粉砕コーヒーの性状とその応用について
  6. 海外開発トピックス
  7. 【市場動向】スポーツフード・抗疲労素材の最新動向
  8. ゲル化・増粘安定剤の市場動向

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP