未分類

【11月号】フレーバー 今年の注目点と2012年への提案

ichigo.jpg

 製品の美味しさを深め、新規性を表現し、より本物感を高める―そのためにはフレーバーが欠かせない。通常の製品への香り付けのほか、機能性素材や高甘味度甘味料などのマスキング、低カロリー製品へのボディ感付与など、製品ごとにフレーバーが果たす役割は違っているが、その重要性はいずれも高い。

hassaku.jpg

 最近の食品市場では「食べるラー油」「ジュレタイプのポン酢」に代表されるような“食べる調味料”など、今までになかった新しい提案が受け入れられている。また、猛暑や節電の暑さ対策などの影響で、飲料の好調が続く。さらに市場の大きな流れは着実に健康志向に傾いており、低カロリー、低脂肪、低塩などの提案も進みそうだ。

 このような2011年の飲料・食品市場の動向をまとめながら、フレーバーサプライヤーへのアンケートを行い、各社が提案するフレーバーとトレンドについて探っていく。


<主なフレーバーサプライヤー>

ヴィルドジャパン

小川香料

コーケン香料

小林香料

サンアロマ社

三栄源エフ・エフ・アイ

塩野香料

曽田香料

大洋香料

高砂香料工業

高田香料

長岡香料

長谷川香料

横山香料


関連記事

  1. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  2. 電子天びんの最新動向
  3. 海外開発トピックス
  4. 【市場動向】腸内環境改善と免疫関連素材の開発動向
  5. 【素材レポ】グルコサミンMX
  6. 変わる食品表示シリーズ6
  7. 【支援技術】食品業界における環境対策イノベーションの最新動向
  8. 【健康素材】抗ストレス食品・素材の最新動向

おすすめリンク先

PAGE TOP