未分類

食品産業における搬送・移送技術の最新動向

食品業界では、ここ数年頻発した食中毒や異物混入事故に伴い、食品製造現場での衛生管理の重要性が改めてクローズアップされている。こうした状況下、コンベヤ、ベルト、ポンプ等の食品関連搬送機器においてもHACCPや国際的な食品基準に準拠した機器・システムの必要性が高まっている。また、洗浄性に優れ、環境にも優しく、経済性やコストパフォーマンスを追求した機器類が求められている。安定した需要構造を持つ食品業界も不況の影響から総体的には投資意欲は低迷しているものの、安全性や環境に配慮した搬送機器への投資は不可欠の要件となっており、これらのニーズを充足する機器の需要は伸長している。本稿では、食品産業における搬送機器・システムとしてのベルト、コンベヤ、ポンプを中心に市場動向と最新の機器動向を紹介する。


●食品関連搬送機器の有力メーカー
ハバジット日本
アルファ・ラバル
ニッタ

関連記事

  1. 【支援技術】衛生管理、環境対策の切り札となるオゾンの利用技術
  2. 【市場動向】多量・微量ミネラル素材の市場動向
  3. 編集部から
  4. 『食の祭典・技術の集結』をテーマに国際食品工業展開催
  5. 食品工場の清浄度向上・確認のための機器・資材
  6. 食品産業のための洗浄・除菌剤とその技術
  7. 食品産業の粉粒体加工技術
  8. 【6月号連載】産学官シリーズ59 スタートから2年目を迎えた民間…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP