未分類

【9月号】食品工場用潤滑剤の最新動向

~安心・安全ニーズの高まりと機能性向上で急速に浸透~

HP9月号食品機械用潤滑剤イメージ.jpg

 食品工場の機械・設備向けに特化したNSF H1登録潤滑剤(離型剤は3H)が食の安心・安全ニーズの高まりを背景に急速に浸透している。食品安全管理に関するGFSI承認スキーム、FSSC22000の認証取得拡大がその要因。同規格の認証取得でNSF H1登録潤滑剤の使用が要求されているからだ。

 流通サイドの要請もあって、食品・飲料メーカーをはじめ、サプライチェーン全体に同規格の認証取得が広がる中、NSF H1潤滑剤の需要も確実に膨らんでいる。その使用領域も食品工場内の様々な設備・機器に及び、すでに実態としては「食品機械用」ではなく、「食品工場用」との表現がふさわしい。2006年に同潤滑剤の製造品質管理の新スタンダードとして立ち上げられたISO21469認証取得や、潤滑性能の向上・改善を追求、製品データ公開など、差別化の動きも顕在化している。


<NSF H1登録潤滑剤を取り扱う主な企業>

EMGマーケティング
サン・マリンディーゼル
住鉱潤滑剤
日清オイリオグループ


関連記事

  1. 海外開発トピックス
  2. 【特別レポ】弱酸性次亜塩素酸水の効果と生成装置
  3. シュガーレス・低カロリー食品の市場動向
  4. 野菜・果実素材の市場動向
  5. ●栄養機能食品でビタミン、ミネラルの取り込み急ピッチ
  6. 【市場動向】食品加工用酵素の市場動向
  7. 地域農産物活性のための高機能食品開発プロジェクトを追う(京都府)…
  8. クローズアップ

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP