未分類

【支援技術】食品産業における殺菌技術と装置開発

~殺菌ニーズの多様化・高度化に対応する加熱・非加熱殺菌ソリューション~


食品の殺菌には古くから熱による加熱殺菌が用いられているが、近年食品の品質に対する要求が高くなり、加熱殺菌においても、食品の変質を最小限に抑えるため、いかに短時間に殺菌を行えるかが装置開発の課題となっている。一方、熱をかけられない生鮮食品や液体食品、さらに製造施設や製造用水などでは、非加熱殺菌技術が求められており、オゾ ン、紫外線をはじめとした非加熱殺菌装置が利用され始めている。
 本稿では、新商品開発の鍵を握る加熱・非加熱殺菌装置の開発と利用動向についてみていく。
■加熱殺菌の現状と開発・利用動向
 飲料・流動状食品のUHT殺菌装置
 研究開発用小型UHT装置
 ジュール加熱殺菌装置
 レトルト殺菌装置
 粉粒体の殺菌技術
 マイクロ波殺菌装置の動向
■非加熱殺菌の現状と利用動向
 オゾンによる殺菌等の利用動向
 紫外線殺菌の利用動向
 その他の殺菌技術
■有力殺菌ソリューション提供会社■
イズミフードマシナリ
岩井機械工業
インベンシスシステムス日本APV
大川原製作所
ノリタケエンジニアリング
日阪製作所
西華産業
パワーポイント・インターナショナル
日油技研工業
カワサキ機工
G-Labo
ミクロ電子
コベルコ・コンプレッサ
スリーイー
シルバー精工
アイ電子工業
タクミナ
岩崎電気
フナテック
ニッポ電機
宇部興産

関連記事

  1. 完全自由化された特殊製法塩・輸入塩の市場動向を探る
  2. 【12月号】機能性甘味料の市場動向
  3. 【支援技術】食品業界における環境対策イノベーションの最新動向
  4. ●米国でも大豆、緑茶旋風
  5. ビタミンの最新市場動向
  6. 【食品BIO支援】ニュートリゲノミクスの進展とツール開発
  7. クローズアップ
  8. 【支援技術】X線異物検出装置と金属・毛髪検出機の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP