未分類

【支援技術】食品産業における殺菌技術と装置開発

~殺菌ニーズの多様化・高度化に対応する加熱・非加熱殺菌ソリューション~


食品の殺菌には古くから熱による加熱殺菌が用いられているが、近年食品の品質に対する要求が高くなり、加熱殺菌においても、食品の変質を最小限に抑えるため、いかに短時間に殺菌を行えるかが装置開発の課題となっている。一方、熱をかけられない生鮮食品や液体食品、さらに製造施設や製造用水などでは、非加熱殺菌技術が求められており、オゾ ン、紫外線をはじめとした非加熱殺菌装置が利用され始めている。
 本稿では、新商品開発の鍵を握る加熱・非加熱殺菌装置の開発と利用動向についてみていく。
■加熱殺菌の現状と開発・利用動向
 飲料・流動状食品のUHT殺菌装置
 研究開発用小型UHT装置
 ジュール加熱殺菌装置
 レトルト殺菌装置
 粉粒体の殺菌技術
 マイクロ波殺菌装置の動向
■非加熱殺菌の現状と利用動向
 オゾンによる殺菌等の利用動向
 紫外線殺菌の利用動向
 その他の殺菌技術
■有力殺菌ソリューション提供会社■
イズミフードマシナリ
岩井機械工業
インベンシスシステムス日本APV
大川原製作所
ノリタケエンジニアリング
日阪製作所
西華産業
パワーポイント・インターナショナル
日油技研工業
カワサキ機工
G-Labo
ミクロ電子
コベルコ・コンプレッサ
スリーイー
シルバー精工
アイ電子工業
タクミナ
岩崎電気
フナテック
ニッポ電機
宇部興産

関連記事

  1. 【素材レポ】カンカエキスのマウスリンパ細胞機能に及ぼす影響
  2. 食品の安全対策と検査技術
  3. 【素材レポ】機能性穀物粉の特性と加工食品への応用
  4. 【7月号】日持向上剤・保存料製剤の市場動向
  5. 品質管理のための水分活性・pH測定計
  6. 【HACCP】洗浄・除菌剤と衛生管理サービス
  7. 除菌・脱臭・鮮度維持用とで利用が進む光触媒技術
  8. アピ、蜂産品に関して岐阜大学と共同研究開始

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP