未分類

食品業界における環境対策

機廃棄物処理から排水処理、悪臭対策まで
世界規模での環境規制が相次いで打ち出される中、食品産業に関わる企業にとっても廃水処理や悪臭処理、廃棄物処理、さらに容器・リサイクル法に対する対応が早急に求められており、環境関連装置などの市場規模も年々拡大傾向にある。“廃棄物ゼロ”を目指す考えも広まってきており、廃棄物を資源・エネルギーに変える機器やシステムに対する関心も高まってきている。いまや省エネルギーや資源の再利用は、企業活動を行ううえで避けては通れない重要課題となっている。
本稿ではこうしたゼロエミッションの考えを踏まえながら、排水の再利用や汚泥処理、臭気対策などに関連する支援技術の現状及び市場動向を紹介する。


●注目の企業1
ハイモ
クラレ
積水アクアシステム
・エヌ・イー・ティー
エイブル
伊藤忠産機
アクアス
日本ノリット
オルガノ

●注目の企業2
環境エンジニアリング
神鋼環境ソリューション
第一環境アクア
ケイエルプラント
ユアサメンブレンシステム
コンソルコーポレーション

関連記事

  1. 編集部から
  2. 【5月号】新基準に対応した食品の放射能測定技術
  3. 高機能化する粉砕・造粒・乾燥技術
  4. 【8月号】食品工場・倉庫の省力・省人化のための自動化装置
  5. 【7月号】抗メタボ・ダイエット素材の市場動向
  6. 【9月号】有機酸の市場動向
  7. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ1
  8. 高血圧を予防する新素材「酒粕ペプチド」

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP