関連トピックス

物産フードサイエンス、「ケストースによる生活習慣病予防・改善効果」に関する研究で飯島藤十郎食品技術賞を受賞

物産フードサイエンスは、東海大学医学部の古賀泰裕教授、名古屋大学大学院生命農学研究科の下村吉治教授と共同で、プレバイオティクス素材「ケストース」による生活習慣病予防・改善効果に関する研究について、(公財)飯島藤十郎記念食品科学振興財団より平成29 年度飯島藤十郎食品技術賞を受賞した。

同社は東海大学古賀教授をはじめとした共同研究により、ケストースが酪酸産生菌を有意に増加させること、アトピー性皮膚炎症状等への改善機能がみられること、また、名古屋大学大学院下村教授をはじめとした共同研究により、ラット試験で盲腸内容物中の酪酸が有意に増加すること、インスリン抵抗性に改善が見られることを明らかにしている。このたびの受賞は、生活習慣病予防・症状改善が期待されるケストースについて、機能解明に向けた数々の研究で優れた結果を出していることが評価された。

ケストースとは、スクロース(ショ糖)に1 分子のフルクトースが結合した三糖類の難消化性糖質で、タマネギやアスパラガス、ニンニク、大麦などに含まれている。消化されることなく大腸まで届き、ビフィズス菌や乳酸菌、酪酸産生菌など有用菌の栄養源となることでこれらを増加させ、アトピー性皮膚炎改善や通年性アレルギー性鼻炎改善、インスリン抵抗性の改善など様々な生理活性をもたらすことが報告されている。

関連記事

  1. 三菱商事ライフサイエンスグループ3社の会社統合
  2. 家庭での介護食づくりにぜひ生かしてほしいトレハロース
    ―…
  3. HACCP制度化を踏まえた衛生管理の改善事例を学ぶ
  4. 林原、ロンザ社と長期パートナーシップ契約を締結
    ―プルラ…
  5. 様々な分野で多彩な機能の研究が進む―第22回 トレハロースシンポ…
  6. 腸内細菌叢のバランスが崩れる「ディスバイオーシス」が引き起こす疾…
  7. 卓上甘味料だけでなく料理にも使えるアガベシロップ、今後の拡大に期…
  8. 消費者庁、遺伝子組換え食品のパブコメ開始 混入率が不検出~5%以…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP