関連トピックス

えごま油の機能性研究で麻布大学に「機能性脂質学研究室」を開設

植物油を製造する太田油脂と学校法人麻布獣医学園麻布大学は、2年間の予定で寄附講座「機能性脂質学研究室」を同学に開設した。

「機能性脂質学研究室」では、えごま油を主とする脂質の栄養研究を行う同学生命・環境科学部食品栄養学研究室の守口徹教授、原馬明子特任准教授を中心とし、周産期から老年期までの全てのライフステージにおける機能性脂質の役割の解明など栄養学的な基礎研究を行う。

同社は1988年に日本で初めてえごま油の食用化に成功し、現在も健康オイルとしてえごま油の製造・販売を行っている。えごま油に多く含まれるオメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)は、消費者庁の栄養機能食品制度において「皮膚の健康維持を助ける栄養素」とされているが、さらなる機能性を探るため、同学との共同研究に取り組む。

関連記事

  1. カナダから食品関連企業54団体が来日予定
  2. 技術者のためのマネジメントに関する多角的な講演―油化学セミナー
  3. 林原ライフセミナー 介護食や高齢者食に関心の高い一般の方にも広く…
  4. 第26回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテス…
  5. カカオプロテインが腸内のフィーカリバクテリウムの増殖を促進し便通…
  6. 最近の行政ニュース(~7/6)
  7. 厚生労働省―15年ぶりの食品衛生法改正に対する提言をとりまとめ
  8. 日本人の食事摂取基準(2020年版)、第1回の策定検討会開催
PAGE TOP