関連トピックス

えごま油の機能性研究で麻布大学に「機能性脂質学研究室」を開設

植物油を製造する太田油脂と学校法人麻布獣医学園麻布大学は、2年間の予定で寄附講座「機能性脂質学研究室」を同学に開設した。

「機能性脂質学研究室」では、えごま油を主とする脂質の栄養研究を行う同学生命・環境科学部食品栄養学研究室の守口徹教授、原馬明子特任准教授を中心とし、周産期から老年期までの全てのライフステージにおける機能性脂質の役割の解明など栄養学的な基礎研究を行う。

同社は1988年に日本で初めてえごま油の食用化に成功し、現在も健康オイルとしてえごま油の製造・販売を行っている。えごま油に多く含まれるオメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)は、消費者庁の栄養機能食品制度において「皮膚の健康維持を助ける栄養素」とされているが、さらなる機能性を探るため、同学との共同研究に取り組む。

関連記事

  1. 「EHEDG」認証機関の早期承認を目指す
    日食工賀詞交歓会…
  2. 三井製糖―スローカロリーシュガーを“次世代の砂糖”と位置付け積極…
  3. 東洋新薬、九州大学との連携契約締結
  4. キリン ヘルスサイエンス事業部、免疫研究から生まれたiMUSEブ…
  5. 営業許可・届出業種を整備へ―厚労省、食品の営業規制に関する検討を…
  6. 食品と開発 ニュース デュポン ニュートリション&ヘルスが、新たに「ニュートリション&…
  7. 第26回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテス…
  8. 渡辺ケミカル、創業70年を機に事業開発室を新設

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP