技術・機器の記事

HACCP対応で注目される防虫粗じんフィルタ・ユニット発売

日本無機は、外気取入れ口からの虫の侵入を防止する防虫粗じんフィルタ・ユニット「ボーチューン®」を発売した。

ボーチューン®は、ろ材を外・内フレームで押さえ込むことでろ材とフレームの隙間をなくした防虫粗じんフィルタと、カムロック締付機構採用によりユニットとフィルタとの圧着を可能にした防虫粗じんフィルタユニットを組み合わせたもの。食品や製薬などの工場施設や調理室等の外気取入れ口に設置するだけで異物混入や汚染要因となる虫の侵入リスクを大幅に減らすことができる。食品衛生法改正によるHACCP制度化の流れを踏まえ、同社はこれから食品工場での採用を強力に進める。

食品工場内への外気の取入れは内部を陽圧に保つために必要だが、一般にその取入れ口に設置されているフィルタ・ユニットにはわずかなすき間があるため、そこが虫の侵入経路となっているケースが見受けられる。近年は食の安心・安全を確保するため、製造加工環境の衛生管理や防虫対策が進み、工場内空間の陽圧保持もその一環ではあるものの、そのための外気取入れ口が図らずもリスクポイントになりかねない。

ボーチューン®は、こうした現場の実情を踏まえて開発されたもので、フィルタやユニットの機構・仕様を改善することにより、虫の侵入経路となり得る隙間をほぼ完全になくした。ろ材を通過してしまう微小な虫についても防虫ネット(オプション)を組み合わせれば侵入が防げる仕組みだ。

関連記事

  1. MORESCO 従来にない極小サイズのナノ化を実現~機能性成分の生体利用率向上
  2. オゾン殺菌効果で室内における感染リスクを低減
  3. FDA CFR Part113 対応デジタル式温度表示計水銀温度…
  4. 軟包装用のガス式無菌充填包装システムの受注活動を加速
  5. JFEシステムズ記事イメージ 原料規格書管理限定エントリーモデルを発売
    「Mercriu…
  6. 生産性向上や省エネ実現で中空糸膜モジュール導入が急増
  7. ファインバブル技術用語ISOで規格化 「ナノバブル」使わず
  8. HACCP温度モニタリングに最適なデータロガーを種々ラインアップ…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP