技術・機器の記事

製品液同士での熱交換を可能にした熱再生型シェル&チューブ熱交換器

岩井機械工業は、製品液同士で熱交換が出来る熱再生型のシェル&チューブ式熱交換器「STRⅡ型」を新たにラインアップに加えた。

新型熱交換器は、飲料業界の生産性向上と環境負荷低減の観点から開発した省エネ提案製品。従来機種はミネラルウォーターやニアウォーター専用だったが、サニタリー性向上によりお茶やコーヒー等の飲料や乳飲料への対応も可能となった。

プレート式熱交換器のように製品同士での熱交換が行えるため、熱再生率が高い。製品同士の熱交換部を設けることで設備全体のシェル&チューブの本数削減も可能。分解可能な設計構造で、シェル内部の分解・点検が行えるため、高い安全性と生産性を維持することができる。

同社はまた、シェル&チューブのチューブ管ピッチを拡げるとともに、シェル&チューブを接合するUベンドを特殊構造にすることで繊維の引掛りを解消した新型シェル&チューブ式熱交換器「STPF型」に加え、固形物入り飲料対応で優れた伝熱効率と固形物や製品液へのダメージ軽減などが図れる新型二重管式熱交換器「STS」など、固形物入り飲料対応システムも拡充。

同社はこのほか、金属の腐食性が高い飲料に対応するため、高耐食のステンレスを採用したシェル&チューブ式熱交換器にも対応している。

関連記事

  1. LEDを採用した最新の高機能捕虫器を相次ぎ投入
  2. リアルタイムで測定する感圧システム
  3. 温度センサ搭載で確度の高い除菌効果を提供
  4. 嚥下困難者用食品やユニバーサルデザインフード対応レオメーター
  5. 潤滑・離型剤スプレーをより使い易くリニューアル発売
  6. 生産性向上や省エネ実現で中空糸膜モジュール導入が急増
  7. マイクロ波加熱装置で鮮度保持と省人化対策に貢献
  8. 高性能フィルタープレスの食品製造業での導入が進展

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP