技術・機器の記事

高濃度・高粘度での大流量循環運転が可能なムゲンフロー®を初披露

アシザワ・ファインテックは、11 月28 日から30 日まで東京ビッグサイトにて開催する国際粉体工業展東京2018(小間番号 東3 ホール・R-11)にて、ビーズミルの最新機種「ムゲンフロー®」を初披露する。

ムゲンフロー®は、同社が25 年前に上市した大流量循環運転専用スタンダードビーズミル「スターミル® LMZ」の様々な特長を大幅にスケールアップさせ、高いビーズ分離能力を発揮する高機能モデル。分解洗浄性の高さなど従来からの長所も、使用部品の見直しによりさらにブラッシュアップされた。

ムゲンフロー®は、大流量での運転時に発生しやすいビーズの偏析を抑制し、理想的なビーズの動きを実現することで、粉砕室容量が10L 機の場合、約100L/min の大流量運転を可能にした。また、従来ビーズの偏析に起因したスラリー供給量の低下や温度上昇、循環回数不足も解消されるため、高品質で高効率な微粉砕が可能となる。

さらに従来粉砕が困難であった高濃度・高粘度スラリーにも対応可能となったほか、原料をより細かくする際に用いる小径ビーズも使用できる。これにより原料のさらなる微粉砕が可能となるため、口どけの良い上質なチョコレートや粉茶、さらに吸収性の高い機能性食品の開発・製造のサポートが可能となる。また、茶殻やだし昆布など、従来廃棄されることが多かった未利用資源の利活用なども期待される。

関連記事

  1. HACCP機能を搭載した防水型デジタル温度計を発売―佐藤計量器製…
  2. 電解水セミナー HACCP制度化とJIS規格制定で普及拡大に弾み…
  3. 生産性向上や省エネ実現で中空糸膜モジュール導入が急増
  4. キヤノンITS、異物・品質検査に画像AI技術を採用
    新世代…
  5. IoT対応で水分活性分析と食品安全マネジメントをサポート
  6. 回転型通気乾燥装置が高品質乾燥製品の加工で評価高める
  7. LEDを採用した最新の高機能捕虫器を相次ぎ投入
  8. 微酸性次亜塩素酸水を活用した青果・野菜類活性化装置

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP