技術・機器の記事

食品CROを設立―より客観的な評価を目指した新指標も導入

協和トライアルでは被験者の質が高いといわれる北海道で食品CROを運営している。

食品の臨床試験で経験を積む同社担当者と北海道の医療機関・医師が協力して試験の立案から実施、解析、論文作成までを行う。脳機能。睡眠、膝、筋肉・筋力、体脂肪、血糖値、腸内フローラなどでは実績をもち、脳機能、睡眠では新指標をもとにした客観的評価を可能としている。

詳細はこちらをごらんください⇒ https://www.kyowa-t.com/

 

 

関連記事

  1. 数々のアワードを受賞 超小型・高性能 MS検出器が選ばれる理由
  2. 低温冷水の安定・大量供給を実現する新装置発売
    食の安全・…
  3. 洗浄力を落とさずに最大節水率95%を実現する節水ノズル
  4. 日本市場での販売網拡大でセラミック膜の提携企業を募集
  5. リアルタイムで測定する感圧システム
  6. マイクロ波減圧乾燥機の需要さらに拡大の公算
  7. HACCP温度モニタリングに最適なデータロガーを種々ラインアップ…
  8. バクテリア・セルフチェッカー「mil-kin」が
    「携帯…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP