技術・機器の記事

食品CROを設立―より客観的な評価を目指した新指標も導入

協和トライアルでは被験者の質が高いといわれる北海道で食品CROを運営している。

食品の臨床試験で経験を積む同社担当者と北海道の医療機関・医師が協力して試験の立案から実施、解析、論文作成までを行う。脳機能。睡眠、膝、筋肉・筋力、体脂肪、血糖値、腸内フローラなどでは実績をもち、脳機能、睡眠では新指標をもとにした客観的評価を可能としている。

詳細はこちらをごらんください⇒ https://www.kyowa-t.com/

 

 

関連記事

  1. 30種類以上の天然素材を利用した消臭システムにコンパクトタイプ登…
  2. 高性能フィルタープレスの食品製造業での導入が進展
  3. オゾン殺菌効果で室内における感染リスクを低減
  4. ウエノフードテクノ、食品に貼りつきにくいアルコール揮散剤「ETパ…
  5. 独自近赤外線技術で異物検出・除去から品質管理まで実現
  6. 1時間に12サンプル抽出を実現する自動高圧溶媒抽出装置
  7. ファインバブル技術用語ISOで規格化 「ナノバブル」使わず
  8. 廃水槽の油脂分解・悪臭対策に最適なエコゾアGBブロック(B)

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP