技術・機器の記事

食品CROを設立―より客観的な評価を目指した新指標も導入

協和トライアルでは被験者の質が高いといわれる北海道で食品CROを運営している。

食品の臨床試験で経験を積む同社担当者と北海道の医療機関・医師が協力して試験の立案から実施、解析、論文作成までを行う。脳機能。睡眠、膝、筋肉・筋力、体脂肪、血糖値、腸内フローラなどでは実績をもち、脳機能、睡眠では新指標をもとにした客観的評価を可能としている。

詳細はこちらをごらんください⇒ https://www.kyowa-t.com/

 

 

関連記事

  1. 運転管理をアシストするユニットタイプ純水製造装置
  2. LEDを採用した最新の高機能捕虫器を相次ぎ投入
  3. 生産性向上や省エネ実現で中空糸膜モジュール導入が急増
  4. 電解水セミナー HACCP制度化とJIS規格制定で普及拡大に弾み…
  5. 子ども食堂「向日葵の家グループ」へSDGsサポート
  6. 軟包装用のガス式無菌充填包装システムの受注活動を加速
  7. 洗浄力を落とさずに最大節水率95%を実現する節水ノズル
  8. ふれずにスタートできる衛生仕様 手洗い用タッチレスタイマー

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP