技術・機器の記事

食品CROを設立―より客観的な評価を目指した新指標も導入

協和トライアルでは被験者の質が高いといわれる北海道で食品CROを運営している。

食品の臨床試験で経験を積む同社担当者と北海道の医療機関・医師が協力して試験の立案から実施、解析、論文作成までを行う。脳機能。睡眠、膝、筋肉・筋力、体脂肪、血糖値、腸内フローラなどでは実績をもち、脳機能、睡眠では新指標をもとにした客観的評価を可能としている。

詳細はこちらをごらんください⇒ https://www.kyowa-t.com/

 

 

関連記事

  1. ウイルス対応範囲をより広げた手指消毒用アルコール系除菌剤
  2. 「吸湿機能付きイージーピール蓋材」を開発
    吸湿機能で内容物…
  3. 高濃度・高粘度での大流量循環運転が可能なムゲンフロー®を初披露
  4. AI技術活用の商品需給計画システムを導入
    計画主導型ロジ…
  5. マイクロ波加熱装置で鮮度保持と省人化対策に貢献
  6. 衛生面に配慮した非接触センサー採用のNonタッチタイマー
  7. 低温冷水の安定・大量供給を実現する新装置発売
    食の安全・…
  8. 無電源で使用場所を選ばない除菌水生成装置

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP