技術・機器の記事

食品CROを設立―より客観的な評価を目指した新指標も導入

協和トライアルでは被験者の質が高いといわれる北海道で食品CROを運営している。

食品の臨床試験で経験を積む同社担当者と北海道の医療機関・医師が協力して試験の立案から実施、解析、論文作成までを行う。脳機能。睡眠、膝、筋肉・筋力、体脂肪、血糖値、腸内フローラなどでは実績をもち、脳機能、睡眠では新指標をもとにした客観的評価を可能としている。

詳細はこちらをごらんください⇒ https://www.kyowa-t.com/

 

 

関連記事

  1. 防虫用エアカーテンに省スペースタイプ「バグシャッター スリム」登…
  2. 研究開発からパイロットプラントまで対応可能なUHT熱交換器装置
  3. データ解析機能付きATPふき取り検査キット発売
  4. 無電源で使用場所を選ばない除菌水生成装置
  5. 飛来虫侵入防止効果を高めたシートシャッターの受注加速
  6. 固形物入り高粘度液体に最適な新型充填ノズル搭載
  7. 熱流、応力が可視化できる赤外線応用可視化システム開発
  8. 食品生産ライン速度倍増を実現した最新包装システム

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP