技術・機器の記事

食品CROを設立―より客観的な評価を目指した新指標も導入

協和トライアルでは被験者の質が高いといわれる北海道で食品CROを運営している。

食品の臨床試験で経験を積む同社担当者と北海道の医療機関・医師が協力して試験の立案から実施、解析、論文作成までを行う。脳機能。睡眠、膝、筋肉・筋力、体脂肪、血糖値、腸内フローラなどでは実績をもち、脳機能、睡眠では新指標をもとにした客観的評価を可能としている。

詳細はこちらをごらんください⇒ https://www.kyowa-t.com/

 

 

関連記事

  1. 洗浄力を落とさずに最大節水率95%を実現する節水ノズル
  2. マイクロ波加熱装置で鮮度保持と省人化対策に貢献
  3. 手指衛生管理と環境衛生管理を総合サポート
    安全・衛生の追求…
  4. FDA CFR Part113 対応デジタル式温度表示計水銀温度…
  5. 鮮度保持とHACCP制度化で注目
    窒素ガス発生装置と除菌フ…
  6. 高含油食品の連続粉砕を可能にした粉砕機を開発
  7. 全自動強制手洗器をリニューアルHACCP対策に親和性高まる
  8. ふれずにスタートできる衛生仕様 手洗い用タッチレスタイマー

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP