関連トピックス

食品・サプリなどの米国市場展開を総合サポート
8/28開催セミナーで米国の各種規制などを解説

グロービッツ・ジャパンが展開する総合的な米国進出サポートが脚光を浴びている。少子高齢化で先行きの国内需要縮小が懸念されるなか、海外市場への本格的な進出を考える食品・飲料メーカーが増えており、その取組みを迅速・的確に進めるうえで専門的なサポートが欠かせないとの判断があるからだ。

同社は、食品やペットフード、サプリメント、食品加工機械、医薬品、医療機器、化粧品、放射線機器などを米国で販売するために必要な規制対応や申請手続きの代行・コンサルティングに加え、市場調査や拠点設立、販路拡大なども含め、クライアントの米国進出を総合的にサポートし、豊富な実績を持つ。

具体的には、FDA(米国食品医薬品局)やUSDA(アメリカ農務省)、州政府、業界団体への交渉・申請を代行するほか、新成分に対するGRAS申請、GMPやHACCP、及びFSMA(米国食品安全強化法) への対応に関するコンサルティング、FDA工場査察サポートにも対応する。

なお、同社は、8月28日に情報機構が開催する「GRAS申請とアメリカFDA食品・サプリメント・飼料規制」セミナーに講師を派遣し、米国進出でクリアする必要がある各種規制やその対応の仕方、これまでのコンサル事例などを紹介する予定

同セミナーの詳細・申込みは
URL=https://www.johokiko.co.jp/seminar_medical/AA190822.php を参照

関連記事

  1. 結晶セルロース 委託先処理状況の確認義務違反で食品廃棄物等排出事業者名の公表
  2. たんぱく質やビタミンDの摂取量が焦点に
    厚生労働省、第3回…
  3. 一丸ファルコス、肌状態を改善するコメ由来乳酸菌「ラ・フローラ K…
  4. ATP・迅速検査研究会が10/17(木)に定例講演会を開催
  5. 三栄源エフ・エフ・アイ、日本果汁協会技術奨励賞を受賞
    「…
  6. BASF とGlycosyn、知的財産権の保護に成功
  7. ドイツでHi Europe 2018 開催、Fiber(食物繊維…
  8. 食品添加物公定書(第9版追補版1)を公表

おすすめリンク先

PAGE TOP