食品素材の記事

ケルセチン配糖体摂取による血管内皮機能の改善に期待

三栄源エフ・エフ・アイが独自に開発したケルセチン配糖体「酵素処理イソクエルシトリン」を摂取することで、血管内皮機能の改善が示唆されたことが、西オーストラリア大学のDr.Croftらの研究により、明らかとなった。血管内皮機能を改善することで、健康の維持や冷え症の軽減、肌のハリ・ツヤの維持などが期待できる。

酵素処理イソクエルシトリンは、原料であるエンジュから抽出したルチンを酵素処理し、ケルセチンにグルコースが直鎖状に連なった構造を有しており、類似の成分よりも体内吸収性に優れているのが特長。ケルセチンと比較して約17倍の生体吸収性を示すことがヒト臨床試験ですでに明らかになっている。

ケルセチンに由来する抗酸化活性に基づく様々な機能を有することから、同社では生体利用効率の高い健康維持素材として機能性研究を進めており、これまでに唾液分泌促進効果、抗花粉症効果のヒト試験データや抗高血圧、抗動脈硬化、抗ストレスに関する試験データを取得している。

今回、実施したヒト臨床試験では、酵素処理イソクエルシトリンの摂取(4.89mg/kg体重/回)により、血管内皮機能の評価指標であるFMD値に有意な上昇(p<0.05) があることを確認。この結果から酵素処理イソクエルシトリン摂取による、血管内皮機能の改善が示唆された、としている。

老化やストレスによる血管内皮機能の低下は、動脈硬化や高血圧、血行不良に陥る要因になるが、血管内皮機能を改善することで血管がしなやかに保てる。そのため、健康の維持や血流改善による冷え症の軽減、肌のハリ・ツヤの維持などが期待できる。

なお、本研究内容については、学術誌「British Journal of Nutrition」に掲載されるとともに、ICoFF2019/ISNFF2019(会期12月1日~12月5日)における、シンポジウムで発表される。

詳細は以下の通り
ICoFF2019/ISNFF2019シンポジウム(http://icoff2019.umin.jp/
日時:12月2日(月)10:00~12:00
場所:神戸国際会議場Room F

三栄源エフ・エフ・アイに関するそのほかのニュースは⇒ https://www.saneigenffi.co.jp/

関連記事

  1. 腸内環境改善とアレルギー対策で注目、大和薬品の「米ケフィラン」
  2. 微量ミネラル酵母の受注が好調、原料供給とOEMに対応
  3. 備前化成、ブルーベリー葉エキス末の眼精疲労・ドライアイ改善で特許…
  4. 卵殻膜ペプチドNEM®の変形性膝関節症に対する有効性の論文が学術…
  5. 結晶セルロース 消費者庁、グリーンコープ連合に景表法違反で措置命令
  6. 国産の鹿角霊芝エキス末を紹介
  7. 守田化学工業とAvansyaが次世代のステビア甘味料「レバウディ…
  8. ビタミンC、春先から相場上昇の局面に

おすすめリンク先

PAGE TOP