食品素材の記事

味の素、培養肉スタートアップへ出資

味の素は、培養肉の開発・製造を手掛けるイスラエルのフードテック企業SuperMeat the Essence of Meat Ltd.(イスラエル テルアビブ市、以下スーパーミート社)との業務提携に向けて、同社に出資したことを9日に発表した。

味の素は現在、世界中で関心が高まり注目を集めている代替肉市場に着目し、2017年にイスラエルのHinoman社へ出資し、葉野菜由来の植物性たんぱく質開発を進め、昨年製品化し次世代ベジタブルドリンク「Mankai®[マンカイ]」として発売をしている。

今回、同社が注目した培養肉の市場は2030年には約250億米ドルまで伸長するとの試算も報告されている。一方、培養肉に取り組む企業の多くは、技術実証実験の段階にあり、スタートアップ企業が大半を占めている。

その中でもスーパーミート社は培養肉開発において先行する企業の一つであり、独自の細胞株による増殖・分化や技術の実証、パイロットプラントに併設する飲食施設でのメニューの受容性テストの実施など、培養肉開発に関わる一連の機能、および将来的な商業化を見据えた経験と実績を有していることから、今回の業務提携、出資先として選ばれた。

関連記事

  1. 発酵させたおからの脂質代謝改善作用と抗肥満効果が明らかに
  2. オリザ油化、国産クリルオイル「イサダオイル」の抗肥満効果を確認
  3. 有胞子性乳酸菌「スポルス®」-アミノ酸吸収の増加と筋力への影響を…
  4. 筋量増加が示唆された卵白たん白
  5. 小腸での栄養成分の吸収向上機能を持つ「アストラジン」
  6. ツルヤ化成工業、食添グレードのアジピン酸のサンプルワークを開始
  7. 免疫賦活で期待高まる寿穀麹®
  8. ルチンの内臓脂肪低減作用に関するSRの提供を開始

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP