関連トピックス

旭化成、結晶セルロースでハラール認証を取得

旭化成は、医薬品の賦形剤や食品の安定剤に使用される結晶セルロース(商品名:「セオラス®」、「セルフィア®」)について、このほどインドネシアのハラール認証機関であるインドネシア・ウラマー評議会 食料・薬品・化粧品研究所(MUI)からハラール認証を取得した。近年のイスラム圏における人口増加や市場拡大、ハラール認証規制の厳重化の動きなどを受け、国内外の顧客ニーズに対応したもの。

ハラール認証を取得したMUI は、ムスリム人口が多いインドネシアの認証機関。主要各国のハラール認証機関と相互認証・協力を行っており、グローバルに通用する認証として知られている。

ハラール取得にあたり、製品のハラール性を確保するための品質管理システムを新たに構築し、工場全体の取り組みとして推進。また、イスラム教およびハラールについての理解を深めるための教育を、社内外関係者に実施している。

関連記事

  1. ダノン健康栄養フォーラム―スポーツと栄養に関する講演を開催
  2. 豆乳 2022年1-3月期における豆乳類の生産量は96,285kL
  3. 高齢者のたんぱく質、1歳以上のビタミンDの設定値など引き上げ
  4. 林原、トレハロースシンポジウムを11/9に開催
  5. 未利用の食品原料を買い手と結びつけるWebサービス「アップサイク…
  6. 渡辺ケミカル、創業70年を機に事業開発室を新設
  7. 食品・サプリなどの米国市場展開を総合サポート
    8/28開催…
  8. 日本豆乳協会、2019年4-6月期の豆乳類の生産量が10万kL超…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP