関連トピックス

ジェリータジャパン バイオアクティブコラーゲンペプチドの日本での販売強化を目指し日本オフィス始動

ドイツに本部を置く、大手ゼラチン・コラーゲンペプチドメーカーのGELITA(ジェリータ)社は、Bioactive Collagen Peptides®(バイオアクティブコラーゲンペプチド)の日本市場での販売強化を目指し、東京・銀座に日本オフィスを新設した。

グローバルリーディングカンパニーのジェリータ社は、高い需要をもつ日本市場で、バイオアクティブコラーゲンペプチドの市場拡大を目指すとともに、日本のお客様からの問い合わせに迅速な対応が可能な体制を構築していく。

ジェリータ社は、機能性効果の狙いを定めて、標的細胞へ効果的に作用することを目的としたバイオアクティブコラーゲンペプチドを開発。VERISOL™(肌の健康)、FORTIGEL™(関節の健康)、FORTIBONE™(骨の健康)、TENDOFORTE™(靭帯・腱・筋膜の強化)、BODYBALANCE™(体組成の調整)、等の製品ラインナップをグローバル市場で展開中。各製品において、健常人を対象とした臨床試験を実施済。アプリケーションも機能性食品・飲料、サプリメント、栄養強化食品、そしてペットフード(イヌ・ウマ)までと幅広く利用可能となっている。

コラーゲンペプチド部門のGlobal Vice PresidentのHans-Ulrich Frech氏によると、ジェリータ社の主要製品はゼラチンであるが、一方で、世界中で成長が著しいのはこのバイオアクティブコラーゲンペプチドであり、日本でも、高齢化とともに高まる骨や関節の健康に関する需要、オリンピックで盛り上がるスポーツ市場、当初からコラーゲンの需要が高い美容市場など、様々な要素から、日本市場でのバイオアクティブコラーゲンペプチドのニーズが高まってくるのではないかとしている。

日本オフィスの代表には田辺康治氏が就任
問い合わせ先: 03-4360-8733, [email protected]

関連記事

  1. 穀類由来の食物繊維が、食物繊維摂取量増加の鍵
     ―小麦ブ…
  2. シニアを理解し、シニアには何が必要かを探る―食品開発セミナー開催…
  3. スポーツニュートリション カフェイン代替できるマンゴー葉乾燥エキス、機能性や研究内容が認め…
  4. 物産フードサイエンス、「ケストースによる生活習慣病予防・改善効果…
  5. 厚生労働省、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」報告書案を取…
  6. 新規指定に向け殺菌料「二炭酸ジメチル」の安全性を評価
    ―食…
  7. 清涼飲料分野の幅広い技術情報を発表―日本清涼飲料研究会「第29回…
  8. 営業許可・届出業種を整備へ―厚労省、食品の営業規制に関する検討を…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP