関連トピックス

ジェリータジャパン バイオアクティブコラーゲンペプチドの日本での販売強化を目指し日本オフィス始動

ドイツに本部を置く、大手ゼラチン・コラーゲンペプチドメーカーのGELITA(ジェリータ)社は、Bioactive Collagen Peptides®(バイオアクティブコラーゲンペプチド)の日本市場での販売強化を目指し、東京・銀座に日本オフィスを新設した。

グローバルリーディングカンパニーのジェリータ社は、高い需要をもつ日本市場で、バイオアクティブコラーゲンペプチドの市場拡大を目指すとともに、日本のお客様からの問い合わせに迅速な対応が可能な体制を構築していく。

ジェリータ社は、機能性効果の狙いを定めて、標的細胞へ効果的に作用することを目的としたバイオアクティブコラーゲンペプチドを開発。VERISOL™(肌の健康)、FORTIGEL™(関節の健康)、FORTIBONE™(骨の健康)、TENDOFORTE™(靭帯・腱・筋膜の強化)、BODYBALANCE™(体組成の調整)、等の製品ラインナップをグローバル市場で展開中。各製品において、健常人を対象とした臨床試験を実施済。アプリケーションも機能性食品・飲料、サプリメント、栄養強化食品、そしてペットフード(イヌ・ウマ)までと幅広く利用可能となっている。

コラーゲンペプチド部門のGlobal Vice PresidentのHans-Ulrich Frech氏によると、ジェリータ社の主要製品はゼラチンであるが、一方で、世界中で成長が著しいのはこのバイオアクティブコラーゲンペプチドであり、日本でも、高齢化とともに高まる骨や関節の健康に関する需要、オリンピックで盛り上がるスポーツ市場、当初からコラーゲンの需要が高い美容市場など、様々な要素から、日本市場でのバイオアクティブコラーゲンペプチドのニーズが高まってくるのではないかとしている。

日本オフィスの代表には田辺康治氏が就任
問い合わせ先: 03-4360-8733, [email protected]

関連記事

  1. 食品と開発 ニュース イングレディオン、でん粉の生産能力増強を計画―中国・山東工場を拡…
  2. 静岡県科学技術振興功労表彰で
    岡村社長が「研究開発功労者…
  3. みょうばんの使用基準改正を官報告示
  4. 三井製糖年賀会―海外展開や高付加価値素材に意欲
  5. 厚生労働省、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」報告書案を取…
  6. 有名洋菓子メーカーの情報システム部長も講演
    参加無料の「…
  7. 腸内細菌叢のバランスが崩れる「ディスバイオーシス」が引き起こす疾…
  8. 森永乳業の「ビフィズス菌A1」の認知機能を改善する作用を確認

おすすめリンク先

PAGE TOP