関連トピックス

三菱商事ライフサイエンスと伊藤ハム、合弁で畜肉エキス・調味料工場を建設へ

新工場完成イメージ図

三菱商事ライフサイエンスは、伊藤ハムとの共同出資で畜肉エキスおよび調味料製品の製造会社「九州エキス株式会社」を設立、4月をめどに鹿児島県曽於郡大崎町で新工場の建設に乗り出す。年産能力は4,000トンで従来の生産規模を倍増する計画。2021年4月の稼働を予定している。1月29日 には鹿児島県曽於郡大崎町と九州エキスの間で立地協定調印を行った。

新工場は伊藤ハムのグループ会社の隣接地に位置し、総工費は約30億円。12,000㎡の広大な敷地に延床面積4,300㎡に及ぶ地上2階(鉄骨造)の工場を建設する。近隣の食肉加工場から新鮮な国産の生原料(牛、豚、鶏など)を調達して加工し、付加価値の高い商品の製造を手がける。

具体的には、畜肉エキス(加塩濃縮品、冷凍品)、調味料製品(たれつゆ、ソース、ラーメンスープ等)の加工用・業務用向け原料製品を製造する。伝統的なエキス製造技術をさらに進化させ、原材料調達から顧客への出荷まで「フードチェーン」の考え方をベースとした品質管理システムや新技術を積極的に採用する。 また、地域の畜産資源に付加価値を与えるとともに、地域の雇用創出にも寄与する。

同社はこれまでに畜肉・魚介・野菜などの素材を、独自の抽出・濃縮技術にこだわって製造した様々なエキス調味料や、これら技術を応用したソース、風味調味料などを取り揃え、加工食品メーカーや中食・外食向けへ展開。共働き世帯の増加 や、人口減少に伴う深刻な人手不足といった社会変化を背景にエキス調味料の需要が拡大しており、供給体制を増強することが課題となっていた。長年培ったエキス製造技術と、伊藤ハムグループの有する畜肉原料調達ネットワークを活用し、安心・安全な原料を使用した高品質な製品を製造し、安定した生産体制を目指す、としている。

関連記事

  1. 一丸ファルコス、SDGsに関するWebセミナーを4/20に開催
  2. オリザ油化のマキベリーエキス「MaquiBright」がドライア…
  3. Isobionics社のバレンセン、日本国内で食品添加物として指…
  4. 農研機構、食品研究成果展示会&公開講演会(オンライン)…
  5. テアニンの体内動態と脳への影響について日本食品科学工学会 第68…
  6. 第3回 DSMサステナビリティ経営フォーラム (「東京栄養サミッ…
  7. 機能性素材の普及、甘味食品の試験検査業務を活動の軸に
  8. 静岡県科学技術振興功労表彰で
    岡村社長が「研究開発功労者…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP