食品素材の記事

三菱ケミカル、シュガーエステル(乳化剤)の製造能力の追加増強を発表

三菱ケミカルグループは、同社が製造販売する乳化剤「シュガーエステル」について、3月に本格稼働を予定している三菱ケミカル九州事業所(北九州市)の製造設備に、新ラインを追加してさらに設備能力を増強することを発表した。

同社グループは、国内の安定した需要と中国などの海外需要の伸長、BCP対応に応えるため、稼働中の東海事業所(製造能力10,000トン/年、三重県四日市市)に加え、九州事業所内に新たに製造工場を建設。新工場は製造能力2,000トン/年を有し、本年3月の本格稼働を予定している。今回の発表は、その新工場にさらに1,100トン/年の新ラインを増設するというもので、新ラインはすでに1月から着工されており、稼働開始は2026年3月を予定している。

併せて今春から、同社グループでは欧米や東南アジアにおけるマーケティング体制を強化するため、各地域での営業拠点設立を検討し、すでに食感やおいしさの向上など、顧客ニーズに応じた商品設計を開始している。これらの活動に加え、シュガーエステル製造設備は、コーシャ認証・ハラル認証を取得済みであり、海外でのさらなる需要増が見込まれることから、今回の新ライン増設に至った。

【シュガーエステル】
シュガーエステルは、ショ糖と植物油脂由来の脂肪酸を主原料とした乳化剤。水分と油分を均一に混合させる機能を有し、食品の加工や流通保管時の品質維持に役立ち、飲料(缶コーヒーなど)、乳製品(ホイップクリームなど)、菓子(ケーキやチョコレートなど)といった幅広い分野で使用されている。

2024年 3月 に 本格稼働予定の シュガーエステル 製造設備

関連記事

  1. バニラの現状と顧客のニーズを汲んだ製品提案
  2. 日成共益、新たな植物性たん白素材「アーモンドプロテイン」を紹介
  3. 新規抗ロコモ素材「NEM®」本格販売―アスク薬品
  4. IHMの燃焼系ハーブ「パロアッスル」がAMPK活性化用組成物とし…
  5. ケルセチン配糖体摂取による血管内皮機能の改善に期待
  6. 森永乳業、ラクトフェリンが樹状細胞(pDC)を活性化することを確…
  7. 米ぬか由来の栄養強化素材、血圧・肥満予防に期待
  8. 新しいスポーツニュートリションとしてケルセチンフィトソームを発売…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP