食品素材の記事

クイーンガーネットプラム―テルヴィスが新たなフルーツ原料を紹介

テルヴィスはこのたび、新製品「クイーンガーネットプラム」(果汁)の提案を開始した。果汁100%の製品で、ピューレのような粘度。砂糖、着色料、調味料等は一切加えていない。そのまま飲むこともでき、ミックス飲料やゼリー、デザートの材料としても利用できる。賞味期限が常温で18か月と在庫もしやすい。

クイーンガーネットプラムは、オーストラリアのクイーンズランド州農水産省が日本のスモモと交配して開発した品種。甘味があって美味しく、現地では果物として食されており、スーパーフードとしても知られている。(※生の果実は検疫上日本には持ち込めない)

果実の色は濃い赤で、アントシアニンを多く含んでいる。その量はブルーベリーの3~6倍、他の品種のスモモの3~20倍と言われている。抗酸化能も高く、果汁のORAC値は約4207。

現地の大学などで機能性研究が行われており、血圧の正常化、体重減少、メタボ改善、認知機能改善、関節炎の痛みと炎症の緩和などが調べられている。特に血圧の正常化に関しては臨床試験で効果が確認されている。

関連記事

  1. ゲルプレス製法によるイオタカラギナン「SP-100」を紹介
  2. 新しいスポーツニュートリションとしてケルセチンフィトソームを発売…
  3. 急騰するビタミンB群相場
     ―中国の環境規制問題が原料メ…
  4. 沖縄産の5種類のフルーツを配合した原料の供給を開始
  5. 東洋新薬、東京大学との連携 第二弾 ―『大麦若葉エキス末』が骨格…
  6. デュポン ベーカリー向けの新規酵素製剤を発売
  7. ルテインと脳機能の関連―DSM、ルテインセミナー開催
  8. サナギタケ由来の冬虫夏草粉末を上市

おすすめリンク先

PAGE TOP