食品素材の記事

オリザ油化、マキベリーエキス(Delphinol)の臨床試験で肌のくすみ・色ムラ改善作用を確認

オリザ油化では、ドライアイおよび光障害抑制作用・眼精疲労改善作用等を訴求した機能性食品・化粧品素材「マキベリーエキス(MaquiBright)」とともに、別ブランドの「マキベリーエキス(Delphinol)」では強い抗糖化化作用を見出している。

このたび新たにDelphinolを用いた美容に関する臨床試験を行い、肌のくすみや色ムラを改善する作用を確認した。

健常人女性16名を対象としたプラセボ対照群間比較試験で、Delphinol(60 mg/日)またはプラセボを8週間継続摂取させた。測定は摂取前、4週後、8週後の3回で、顔の色味(色相、彩度、明度)、色素沈着の数と面積、赤みの数と面積、しわの数と長さ、キメ、水分、油分、経皮水分蒸散量、コラーゲンスコアおよび真皮の厚み、肌の弾力を測定した。

その結果、顔面の「彩度」変化量および、「薄い赤みの面積および濃い赤みの数」変化量についてプラセボ比で有意差を持った改善効果がみられたことから、顔のくすみ改善効果や肌の色ムラ改善効果が示唆されたと考えられた。

同社ではアイケア訴求のマキベリーエキス(MaquiBright)のブランド開拓はもちろん、マキベリーエキス(Delphinol)について美容訴求でさらなる展開を目指す。なお、この臨床試験結果は特許申請中とのこと。

関連記事

  1. 守田化学工業とAvansyaが次世代のステビア甘味料「レバウディ…
  2. 日成共益、新たな植物性たん白素材「アーモンドプロテイン」を紹介
  3. 食品と開発 ニュース 第一工業製薬、ショ糖脂肪酸エステル値上げへ
  4. 小林香料 HMB・Caの定量分析法を一般公開へ
  5. IMCDジャパン・機能性素材分野に本格参入
  6. EC-12の供給不安が完全解消、さらなる利用拡大に向け提案を強化…
  7. シャンピニオンエキスは、アンモニア・p-クレゾールの減少により腸…
  8. ケルセチン配糖体摂取による血管内皮機能の改善に期待

おすすめリンク先

PAGE TOP