食品素材の記事

肌と毛髪の美容・アンチエイジング素材として提案

東洋発酵では、大豆エキスを麹菌で発酵し抗糖化機能を高めた素材「ユニファイン」の新たなエビデンスとして脱毛予防効果を検証。10月3~5日の「食品開発展」プレゼンテーションセミナーで発表する(於:東京ビッグサイト)。

ユニファインは大豆に含まれるイソフラボンが麹菌発酵により水酸化イソフラボンに変換されており、配糖体やアグリコンに比べ抗糖化指標であるAGEs産生抑制、CML生成阻害活性が高く、またAGEs架橋IP断作用もあることが解明されている。

同社では水酸化イソフラボンを有効成分とした抗糖化素材として特許を取得しており、美肌素材として紹介をしているが、さらにこのほど脱毛試験で効果が確認されたことから、食品開発展でデータをお披露目し、肌+毛髪の美容・アンチエイジング素材として提案を強める。

関連記事

  1. エル・エスコーポレーション、エルゴチオネインの脳機能に関するヒト…
  2. 卵殻膜粉末「Ovomet®」―「ベジコラーゲン」の商標登録が完了…
  3. 稲畑香料、ルテインとゼアキサンチン含む高濃度タイプ原料を上市へ
  4. 数百名単位の被験者によるデータを有する乳酸菌製品
  5. ノコギリヤシのブレンド品を見分ける検証法を論文発表
  6. 風味に優れた透明飲料向けのホエイたん白と濃縮ミセラカゼイン
  7. 沖縄産の5種類のフルーツを配合した原料の供給を開始
  8. 吸うと痩せる? ウコン精油由来の機能性素材開発

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP