食品素材の記事

肌と毛髪の美容・アンチエイジング素材として提案

東洋発酵では、大豆エキスを麹菌で発酵し抗糖化機能を高めた素材「ユニファイン」の新たなエビデンスとして脱毛予防効果を検証。10月3~5日の「食品開発展」プレゼンテーションセミナーで発表する(於:東京ビッグサイト)。

ユニファインは大豆に含まれるイソフラボンが麹菌発酵により水酸化イソフラボンに変換されており、配糖体やアグリコンに比べ抗糖化指標であるAGEs産生抑制、CML生成阻害活性が高く、またAGEs架橋IP断作用もあることが解明されている。

同社では水酸化イソフラボンを有効成分とした抗糖化素材として特許を取得しており、美肌素材として紹介をしているが、さらにこのほど脱毛試験で効果が確認されたことから、食品開発展でデータをお披露目し、肌+毛髪の美容・アンチエイジング素材として提案を強める。

関連記事

  1. 沖縄産の5種類のフルーツを配合した原料の供給を開始
  2. 清水化学、顆粒タイプのグルコマンナン100%製品をラインアップ
  3. 抗炎症ペプチドをAIで特定 BASFジャパン、玄米プロテイン「P…
  4. おいしさ際立つスーパーフルーツ:コンコードグレープ
    ─注目…
  5. 備前化成、ブルーベリー葉エキス末の眼精疲労・ドライアイ改善で特許…
  6. アルコールと動物由来原料不使用のフレーバー
  7. 高温で活性があるため、生地にすぐに添加して使える老化防止製剤
  8. 三栄源エフ・エフ・アイ、原料由来の臭いと戻り臭を大幅低減した赤ダ…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP