食品素材の記事

肌と毛髪の美容・アンチエイジング素材として提案

東洋発酵では、大豆エキスを麹菌で発酵し抗糖化機能を高めた素材「ユニファイン」の新たなエビデンスとして脱毛予防効果を検証。10月3~5日の「食品開発展」プレゼンテーションセミナーで発表する(於:東京ビッグサイト)。

ユニファインは大豆に含まれるイソフラボンが麹菌発酵により水酸化イソフラボンに変換されており、配糖体やアグリコンに比べ抗糖化指標であるAGEs産生抑制、CML生成阻害活性が高く、またAGEs架橋IP断作用もあることが解明されている。

同社では水酸化イソフラボンを有効成分とした抗糖化素材として特許を取得しており、美肌素材として紹介をしているが、さらにこのほど脱毛試験で効果が確認されたことから、食品開発展でデータをお披露目し、肌+毛髪の美容・アンチエイジング素材として提案を強める。

関連記事

  1. アルゴンガス、香料物質7品を新規指定へ
  2. 日成共益、新たな植物性たん白素材「アーモンドプロテイン」を紹介
  3. 結晶セルロース 旭化成、結晶セルロース「セオラス®」など値上げへ
  4. 三栄源エフ・エフ・アイ、パーム油カロテン製品を来年1月より販売
  5. サンブライト、ε-ビニフェリン高含有のレスベラトロール上市
  6. セティ、乳酸菌「LGG®」をサプリメント用に提供開始
  7. 高吸収性クルクミン原料「BCM-95®」の大腸炎抑制効果
  8. 栄養強化に特化した卵白素材「EAP-sport PLUS」

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP