食品素材の記事

アラキドン酸含量を10%で規格した粉末パウダー発売

池田糖化工業は、アラキドン酸の含量を10%で規格化した粉末「アラキドン酸パウダー10E」の販売を開始した。

微生物発酵で製造されたアラキドン酸含有油脂を、独自製法で粉末化した製品で、ハンドリングの良い粉末状であるため様々な加工食品に利用しやすい。保存安定性が高く、動物性原料は不使用。

アラキドン酸はオメガ6に分類される多価不飽和脂肪酸で、必須脂肪酸の一つ。乳幼児の脳機能の発達に関与していることから、粉ミルクに使用されている。

関連記事

  1. 有胞子性乳酸菌「スポルス®」-アミノ酸吸収の増加と筋力への影響を…
  2. オリザセラミドの新規格として「フリーセラミド(Elasticam…
  3. ツルヤ化成工業、食添グレードのアジピン酸のサンプルワークを開始
  4. 東洋新薬の大麦若葉末、従来の1/3 の摂取量で新ヘルスクレーム「…
  5. タートチェリー粉末をスポーツ・ロコモだけでなく睡眠改善にも
  6. 体脂肪減少に役立つアマチャヅル抽出物発売
  7. 日成共益、ソーマチン製剤の日本市場へ
  8. 三栄源エフ・エフ・アイ、原料由来の臭いと戻り臭を大幅低減した赤ダ…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP