未分類

生産管理システムと商品規格書作成システム

BSEの発生を契機として食の安全が改めて問われる中で、食品業界では原料調達から流通に至るまでの安全性の確保が社会的命題となっている。2003年6月には牛肉のトレーサビリティ法が成立し、04年12月には流通段階を含むトレーサビリティが義務化された。こうした状況下、食品業界ではトレーサビリティの必要性が一段と高まり、牛肉・生鮮食品から加工食品に至るまでのすべての食品分野でトレーサビリティシステムの導入が拡がっている。またトレーサビリティの進展に伴って、そのベースとなる生産管理システム、あるいは消費者に対するアカウンタビリティが問われる中で商品規格書(仕様書)へのニーズも高まっている。
 本企画では、食品業界におけるトレーサビリティシステムの現状と課題を踏まえ、生産管理システムソリューションおよび商品規格書関連システムの最新動向を紹介。


■生産管理システムと商品規格書システムの有力提供会社■
eBASE
http://www.ebase.co.jp/
NTTデータ三洋システム  
http://www.nttd-sanyo.co.jp/service_index.html
オムロン 
http://www.fa.omron.co.jp/solution/food/index.html
JFEシステムズ 
http://www.jfe-systems.com/products/mercrius/mercrius.html
デリコ 
http://www.e-delico.co.jp/
東京システムハウス 
http://www.tsh-world.co.jp/
ブロード・システム・ソリューションズ 
http://www.broadss.co.jp/

関連記事

  1. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ6
  2. 食品産業向け搬送機器
  3. 【今春導入される表示・認証制度と新規制】
  4. 【分析計測】クロマト装置・資材の開発動向
  5. ●食品の安全性と中国蜂蜜
  6. 【市場動向】健康食品の市場動向と素材・技術研究2
  7. 【素材レポ】超臨界抽出花粉エキス“グラミネックスG63”
  8. クロマト分析技術の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP