未分類

低カロリー・シュガーレス食品素材の市場動向

 わが国のシュガーレス・低カロリー食品市場は、健康志向の高まり、甘みに対する嗜好の多様化といった消費者ニーズを反映し年々伸長してきた。シュガーレス・低カロリー食品の設計に欠かせない糖アルコール・高甘味度甘味料は、むし歯予防や生活習慣病予防対策の視点からも注目され、ガムやキャンディなど多くの食品で採用されるようになった。シュガーレス・低カロリー食品の成功の裏には、高機能を保ちながらもおいしさを引き出す各種素材の複合利用があることも見逃せない。
 本稿では、わが国の低カロリー食品市場の現状と、低カロリー化のための素材の開発状況および市況などについてみていく。


主なサプライヤー
味の素
上野製薬
三栄源エフ・エフ・アイ
サンエイ糖化
三和澱粉工業
セレスタージャパン
大日本インキ化学工業
ダニスコジャパン
東洋精糖
東和化成工業
三井製糖
ロケットジャパン

関連記事

  1. 新素材レポート
  2. 【8月号】食の安全・安心とエコで注目高まる鮮度保持技術
  3. クローズアップ
  4. CLOSE UP
  5. 【10月号】ロコモティブシンドローム対応素材の動向
  6. 食品産業における温度管理技術の最新動向
  7. 【12月号】水分の分析計測技術の最新動向
  8. 保存料・日持向上剤の市場動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP