関連トピックス

食品開発展2021-東京ビッグサイトで本日から3日間開催

食品開発展2021が、東京ビッグサイトで本日(6日・水)から開催になりました。機能性素材や、技術の展示が行われています。8日(金)までの開催です。一部ではありますが、出展各社の展示商品や様子を紹介します。

●林原は、食物繊維の新製品「テトラリング」を紹介しています。加熱しても色や風味を損なわない様子がわかります。

 

●奥野製薬工業は、新しい増粘剤の紹介。「トップルーキーガム」は、一般的なキサンタンガムとは粘性や乳化安定性が違います。

●エル・エスコーポレーションは、脳機能改善の機能性表示食品「記憶の番人」の関与成分であるエルゴチオネイン(素材名アミノチオネイン)を緑茶に応用。毎日美味しく続けられるような飲用形態で紹介しています。

●IFFは、プラントベースフードをはじめ様々な製品提案。デュポンニュートリション&バイオサイエンスがIFFの傘下になり、新生IFFとして登場。ブースでは地球環境を考慮したペーパーレス、映像やQRコードで紹介する新しいスタイル。

●各種雑穀を取り扱っているライスアイランドでは、人気のオーツ麦製品を各種ラインアップ

●県内の企業が共同出展しているブースもあります。写真の静岡県ブースに加え、北海道や福岡県、四国などがあります。静岡県ブースでは6社が共同出展

●蝶理では、ひまわりたん白を初披露。植物誌たん白素材は大豆やえんどう、米などいろいろ出てきていますが、ひまわりは初

●大五通商は、ベトナム産のコオロギ(ホールやパウダー)をラインアップ。

●オリザ油化の新製品「藤茶エキス」は、ダイエットや肝機能に対応。写真中央は藤茶の茶葉

●松谷化学工業はでん粉についてのセミナーをブース内で開催

 

※続きはこちら⇒ https://www.kenko-media.com/food_devlp/archives/5323

 

 

関連記事

  1. IoTや計量制度改正に関する情報を提供
    食品メーカー関係…
  2. 様々な分野で多彩な機能の研究が進む―第22回 トレハロースシンポ…
  3. 食品と開発 ニュース 境港工場の被災事故のお詫びと概要を報告
  4. 拡大する機能性表示のヘルスクレーム・健康寿命100年に向けて
  5. ユニテックフーズ、カーギル、フジ日本精糖3社で共同開発事業を強化…
  6. 専門知識を持つ人材で、商品開発、機能性表示食品届出をサポート
  7. 家庭での介護食づくりにぜひ生かしてほしいトレハロース
    ―…
  8. DHA・EPA協議会、新会長は鷹谷公博氏

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP