未分類

特殊製法塩・輸入特殊用塩の市場動向

今年3月末で塩事業法に基づく塩産業自立のための経過期間が終了し、4月より塩業が完全自由化になる。特殊用塩市場は一時のブーム的状況の後、縮小傾向にあるともみられたが、ここにきて様々なタイプの特殊製法塩、海外からの輸入塩に活発な動きが見られるようになっている。メーカー間の競争も激化しており、産地、製造方法、含有成分、加工適性などの差別化を打ち出しながら付加価値の高い製品の開発を進めている。本稿では、特殊製法塩・特殊輸入製法塩市場の現状と目前に迫る塩市場の完全自由化に向けた各メーカーの動きと、市場を取り巻く状況などについてみていく。

関連記事

  1. 【1月号連載】技術シリーズ1 分離・精製による素材開発・製品改良…
  2. 特別レポート GRINDSTED pectin 「SF EXTR…
  3. 【市場動向】腸内環境改善と免疫関連素材の開発動向
  4. 【8月号素材レポ】メタボリックシンドロームに対する大豆サポニンの…
  5. 食品業界で進む企業提携、M&A
  6. 【8月号】Food ITソリューションの最新動向
  7. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う
  8. 【4月号】抗ストレス食品・素材の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP