未分類

電子天びんの最新動向

~安全対策強化と高機能製品を中心に~
定量は全ての分析シーンにおける基礎技術として古くから確立され、時代とともに天秤やはかりなど、様々な計量機器がラボ用から商業用、産業用まで開発され広く用いられてきた。電子天秤の登場で高い分解能、高精度化が求められる一方で、価格競争により装置価格の低減化も進んでいる。01年に特需をもたらした計量法改正以降は、トレーサビリティへの対応やGMP/GLP、HACCP対応機種やISOをはじめとしたグローバル標準対応機種、さらに各種ネットワーク化への対応機種など、より信頼性と安全性に軸足を置いた新製品が積極的に開発されている。
本稿では電子天秤を中心に、現在の市場の動きやメーカー各社の製品動向、開発動向などを紹介する。


☆注目の電子天びんメーカー☆
メトラー・トレド
ザルトリウス
新光電子

関連記事

  1. 新素材レポート
  2. 酵母、植物由来β-グルカン素材の開発動向
  3. 美容食品素材(美白)の開発動向
  4. 【11月号】食品の付加価値を高める分離・ろ過技術
  5. 【支援技術】製造プロセスおよび環境対策で用途拡がる分離・ろ過技術…
  6. 官製不況なのか、企業の努力不足なのか
  7. 【7月号】食品産業における用水と排水処理の最新動向
  8. 【市場動向】腸内環境改善と免疫関連素材の開発動向

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP