未分類

美容食品素材の最新動向

アンチエイジングを巻き込んだ多様な製品開発が加速
美肌や美白を訴求する美容関連食品は、健康・美容志向の高まりを背景に若年層からシニア・シルバー層まで幅広い世代に支持されるようになり、今や一大市場を形成している。美容関連食品に期待されているニーズは、シミ・しわ、美白対策や潤い効果、アンチエイジングなどと幅広く、市場ではサプリメントだけでなく飲料や菓子など一般食品の分野でもバラエティに富んだ製品が展開されている。原料状況についてはエビデンスベースでの開発が進み“体感”を裏付けするデータが揃ってきた。
本稿では、美容食品市場を牽引するコラーゲンやヒアルロン酸をはじめ植物素材やケミカル素材など注目の美容素材の開発・研究動向および市場での応用状況を探る。


アリピュア事務局
一丸ファルコス
井原水産
ヴァイスハルト・インターナショナル
エーザイフード・ケミカル
エル・エスコーポレーション
オリザ油化
キッコーマン
ケイ・アイ化成
ケミンジャパン
光洋商会
コグニスジャパン
セティ
辻製油
DSMニュートリションジャパン
東洋新薬
東洋発酵
常磐植物化学
トレードピア
ニチレイバイオサイエンス
ニチロ
新田ゼラチン
日本ハム
日本バイオコン
ニュートリション・アクト
マリーンバイオ
丸善製薬
マルハ
マルハチ村松
ユニチカ
ユニテックフーズ
横浜油脂工業

関連記事

  1. 【機能研究レポ】コタラヒムブツの有用性及び安全性
  2. 【市場動向】機能性甘味料の最新市場動向
  3. 【支援技術】食品の高品質化・環境対策で利用が進む乾燥技術
  4. CLOSE UP
  5. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  6. 【ナチュラル・プロダクツ・エキスポ ウエスト 視察】
  7. 新素材レポート
  8. 食品を考えるもう一つの視点

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP