関連トピックス

7月10日はブラックジンジャーの日―丸善製薬が記念日登録

丸善製薬は7月10日を「ブラックジンジャーの日」として(一社)日本記念日協会に記念日登録を申請し、このたび正式に登録されることになり、6月27日に同社東京オフィスにて登録証授与式が行われた。

7月10日は、2013年に食薬区分においてブラックジンジャーが非医薬品リストに収載された日。登録認証の授与後には、日本記念日協会 代表理事 加瀬清志氏と、丸善製薬 代表取締役社長の日暮泰広氏が挨拶。

日本記念日協会 代表理事 加瀬清志氏
「このたびの登録に関しては、満場一致の合格であった。日本におけるサプリメント原料として同社が申請していなかったら、このように広がることはなかっただろう。協会としてもブラックジンジャーを多くの方に知ってもらうために普及活動をしており、本日(6/27)7時に協会のホームページに情報をアップ。すでに3000件のアクセスがあった。」

丸善製薬 代表取締役社長の日暮泰広氏
「お客様が喜ぶような製品作りを心掛けて、製造・研究・開発を行っている。記念日の登録が、多くの人にブラックジンジャーを知ってもらう機会になればと考えている。」

■丸善製薬の「ブラックジンジャー抽出物」
タイ原産のブラックジンジャーから抽出し、ポリメトキシフラボンを規格化した機能性素材。抗肥満機能が調べられており、機能性表示食品では「脂肪の消費」「脂肪の減少」「歩行能力の維持」という3つのヘルスクレームで受理実績を重ねている。

現在の「ブラックジンジャー抽出物」は主にサプリメントでの用途が中心だが、同社では新たに食品にも応用しやすい「クリアブラックジンジャー」の上市も予定している。今までの製法を変更し、機能性はそのままに、色は白く、溶解性も安定していることから、幅広い食品への応用が可能になった。

左)加瀬清志氏  右)日暮泰広氏

関連記事

  1. デュポン、プロバイオティクス発酵製造設備を拡張、供給能力がさらに…
  2. エル・エスコーポレーションの「まるごとタモギタケ」、ヘルシーDo…
  3. 三菱商事ライフサイエンスグループ3社の会社統合
  4. 「目の潤いと見た目」に関する調査を実施 丸善製薬
  5. 豆乳 食育の観点から、スポーツ後に植物性たん白質である豆乳の摂取を推進…
  6. 腸内環境のために注目したい「MAC」(腸内細菌に届く炭水化物)
  7. フレイルになる人は2年前に舌の動きが衰えていた―岡山大学の研究
  8. 日新製糖、カップオリゴで“腸と腸内細菌”に関するフェアに協賛

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP