食品素材の記事

世界初のNMN乳酸菌を食品開発展で披露目

大阪ソーダでは、抗老化物質として注目されるNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)とNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)を蓄積する乳酸菌粉末を静岡大学 吉田信行准教授との共同研究で開発。10月12~14日の食品開発展でお披露目する。

新素材は抗老化物質として注目されているNMNを乳酸菌内で効率的に蓄積させ、さらに生体内でエネルギー代謝を活性化させるNADを高蓄積させたもの。工業生産プロセスの確立と新たな機能性の解明を進め本格的なプロモーション体制に入った。

機能性では乳酸菌の持つ腸内環境改善をはじめとする様々な生理機能に加えて、NMN、NADの効果が期待でき、独自の機能性研究では皮膚細胞でコラーゲンとヒアルロン酸の両成分を産生する機能を持つことを解明している。機能性食品、化粧品へ向けた利用提案を行う。

※食品開発展の詳細はこちら⇒ https://www.hijapan.info/

関連記事

  1. ニューノーマル時代へ粉末MCTを拡販
  2. 無水マレイン酸・フマル酸事業、製販一体に
    ―扶桑化学工業が…
  3. 舌で感じる濃厚感や風味が持続、奥野製薬、小麦たん白分解物「ブラボ…
  4. オリザ油化、国産クリルオイル「イサダオイル」の抗肥満効果を確認
  5. 太陽化学、グアーガム酵素分解物の脂肪性肝疾患に対する効果を発表
  6. 国産もち麦「キラリモチ」の若葉粉末を紹介
  7. DKSHジャパン、はじけるキャンディーのバルク供給を開始
  8. 環境負荷の少ないたん白素材、酵母プロテインを試販

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP