技術・機器の記事

6検体を異なる温度で連続測定できるNIR用オートサンプラ

ニレコは、同社の液体計測専用の近赤外分光アナライザ「A8860」用のオプションとして、最大6検体の連続測定が可能な6チャンネルオートサンプラをリリースした。

分光を用いる計測法では検体温度がスペクトルに影響を与えることがあるため、精度を求める場合は温度管理が重要となる。今回リリースしたオートサンプラは最大6検体をそれぞれ異なる温度設定で連続測定でき、従来標準仕様として搭載の2チャンネルオートサンプラに比べ大幅な処理能力向上が可能となり、ラボ作業の効率化が期待できる。

A8860 6チャンネル仕様本体

前面のセル温度表示

■仕様
電源入力   単相AC 100V-240V 50/60Hz
消費電力   最大200W
測定波長範囲 400-2500nm
側光範囲   2.0AU
ノイズ(RMS) at 0Abs 400-700nm <50μAbs 700-2500nm <30μAds
データ間隔  0.5nm
スキャン速度 2スキャン/秒
検出器    400-1100nm Si(シリコン) 1100-2500nm PbS(硫化鉛)
温調設定範囲 35-60℃
重量     36kg (セル類等オプション除く)
外形寸法   W406x H394 x D631 mm

関連記事

  1. 悪臭対策から熱中対策まで作業環境改善をトータルでサポート
  2. マイクロ波減圧乾燥機の需要さらに拡大の公算
  3. 生産計画・実績管理システムの提案を加速ーセイノー情報サービス
  4. 大型液晶でpHと温度を同時に表示
    IP67準拠の防塵・防水…
  5. HACCP機能を搭載した防水型デジタル温度計を発売―佐藤計量器製…
  6. 品質管理ITシステムに新機能追加―業務の効率化を推進
  7. 帳票ペーパーレス化で業務効率を向上
    HACCP支援のWeb…
  8. JFEシステムズ記事イメージ 原料規格書管理限定エントリーモデルを発売
    「Mercriu…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP