食品素材の記事

構造の異なるイヌリンが腸内環境へもたらす影響を発表

フジ日本精糖とメタジェンは、5月24~26日に行われた「第78回日本栄養・食糧学会大会」にて構造の異なる水溶性食物繊維イヌリン等が腸内環境へもたらす影響に関する研究結果を発表した。

砂糖由来イヌリンとチコリ由来イヌリンの腸内環境に与える影響を比較すると、砂糖由来イヌリンを添加した培養液において、一部の短鎖脂肪酸生菌と酢酸および酪酸が優位な増加もしくは増加傾向を示した。

研究にあたっては、メタジェン独自の腸内環境評価手法である、遺伝子解析(メタゲノミクス)と代謝物質解析(メタボロミクス)を統合した「メタボロゲノミクス®」を駆使し、被験品の「ヒト腸内環境」に及ぼす影響を網羅的に評価するメタジェンのプラットフォーム「MGScreening™」において評価した。

これまでイヌリンは、大腸の有用菌として知られるBfidobacteriumを増加させたり、短鎖脂肪酸の量を増加させたりする効果が報告されてきた。しかし構造の違いによる腸内環境への影響の変化については不明であった。

関連記事

  1. 高品質・低コストのオリーブ葉エキス製品を紹介
  2. オリザセラミド®に第3の保湿成分「Elasticamide」(ヒ…
  3. 三栄源エフ・エフ・アイとライコレッド、飲料分野でトマト色素の独占…
  4. 日成共益、ウキクサ由来の高たん白栄養食品素材「LENTEIN™(…
  5. デュポン ベーカリー向けの新規酵素製剤を発売
  6. 発毛を促進する機能性食品素材・豆苗エキス発売
  7. 東洋新薬、大麦若葉末の腸内細菌叢改善作用を確認
    ―東京大…
  8. 太陽化学、水溶性ヘスペレチン-7-グルコシド製剤の冷えによる血流…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP