食品素材の記事

加工食品の増粘用途にキサンタンガムの本格展開を開始

高甘味度甘味料を中心に高品質の中国品を幅広く取り扱っているツルヤ化成工業では、今年に入りキサンタンガムの本格展開を開始した。同社は以前から漬物用途を中心にキサンタンガムを取り扱ってきたが、厳しい自社基準を設け、一年以上かけ中国大手メーカーとその基準を満たす商品を開発。品質規格、各種耐性とも欧米品と同等の品質を訴求しながらコストメリットのある製品として提案していく。

ラインアップは通常タイプ「ファインガムF」と透明タイプ「ファインガムC」、造粒タイプ「ファインガムF(G)」、グァーガムを配合した製剤「ファインガムP-XG」の4種類。増粘剤にコストメリットを求める顧客も多く、加工食品向けを中心に提案を進めており、引き合いも多く、ユーザーからのサンプル評価も良好とのこと。

関連記事

  1. 日本製粉、国産ペーストビーツの供給開始
  2. 肌改善、睡眠改善が期待されるオクラ種子エキス末発売
  3. 巣ごもり需要で家庭用こめ油の市場が拡大
  4. オリザ油化、マキベリーエキスのドライアイ改善作用に関する臨床試験…
  5. 高温で活性があるため、生地にすぐに添加して使える老化防止製剤
  6. 小林香料 HMB・Caの定量分析法を一般公開へ
  7. サンブライト、ε-ビニフェリン高含有のレスベラトロール上市
  8. ウイスキー風味やブランデー風味を付与できるオーク抽出物

おすすめリンク先

PAGE TOP