食品素材の記事

抗炎症ペプチドをAIで特定 BASFジャパン、玄米プロテイン「PeptAIde™」上市

BASFジャパンは、炎症を抑えるペプチドを含有する玄米由来の機能性プロテイン素材「PeptAIde™」の販売を開始した。Nutitas社の保有するAI技術を活用して、新しい抗炎症機能を有するペプチドを特定し、厳選された玄米を原料にBASF本社独自の抽出、酵素技術で製品化している。

運動後のリカバリーと筋肉に重要なプロテイン補給を想定した、淡い灰褐色の粉末製品で、ペプチド特有の苦味や収れん味がなく、玄米由来の香ばしさを有するのが特徴。アレルゲンフリー、グルテンフリー、GMOフリー、動物由来原料フリーに仕上げており、女性をターゲットとしたスポーツニュートリション市場へ提案していく。

新開発のPeptAIde™は、AIで調査した消費者ニーズ(抗疲労等)をもとに、炎症を抑えるペプチド配列をスクリーニングして同定し、その生理活性ペプチドを多く含む食品素材として玄米を選出し製品化されている。

PeptAIde™を用いた初期臨床試験では、炎症性サイトカインのTNF-α、TNFレセプター、IL-6の結合親和性が高く、炎症反応を調整することを確認済み。今後臨床試験などを実施し、最適な量を設定していく意向である。

日本市場を担うBASFジャパンでは、エナジーバーや粉末飲料、ドリンクなどを有望視しており、糖質カットのミールリプレイスメント向けに提案している。

関連記事

  1. GEウェルネス、ユーグレナ新株の大量培養に成功、6月から原料供給…
  2. アスタキサンチンの機能性表示を重点に
  3. 清水化学、顆粒タイプのグルコマンナン100%製品をラインアップ
  4. 免疫・脳機能など多機能性とたん白高含有で再注目の「クロレラ」
  5. 血流改善や抗アレルギー効果が確認されている日研フードの「静岡県産…
  6. レジスタントスターチが腸内環境改善および骨密度低下の抑制に繋がる…
  7. GABAの認知機能における有効性を確認
  8. セティのβ-グルカン高含有イエスティマン セティ、免疫向け素材としてビール酵母抽出物(β-グルカン高含有)…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP