関連トピックス

グアーガム分解物が腸内環境改善を介して肌機能を改善することを発見

太陽化学では、ヒト試験においてグアーガム分解物の摂取により頬の皮膚バリア機能(保湿)および皮膚粘弾性(ハリ)を改善することを確認し、学術誌「Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition」に発表した。

腸内細菌叢の健康への関与が明らかにされるなか、肌との関係は「腸-皮膚軸(Gut-Skin Axis)」とも呼ばれ、インナービューティーの観点から注目を集めている。本研究では、腸内細菌叢の改善に有用な水溶性食物繊維「グアーガム分解物」の摂取が肌機能の維持・改善に有用であることを発見した。

試験は、健常成人35名のグアーガム分解物5g/日摂取群と、健常成人35名のプラセボ群により、摂取6週間後と12週間後に肌機能の評価を実施。

その結果、摂取群では、
頬の皮膚水分量の有意な増加が確認された。

また、摂取群ではプラセボ群に比べ、
②皮膚バリア機能(保湿力)の低下しやすい乾燥期における、頬の皮膚バリア機能(経皮水分蒸散量)の改善
頬の皮膚粘弾性の有意な増加
④頬における乾燥期のメラニン量指数の有意な減少 が認められた。

併せて、摂取群では
睡眠と疲労感の改善も認められた。

本研究により、グアーガム分解物の継続的な摂取が肌機能(皮膚バリア機能、肌のハリ)の改善に有用である可能性が示された。作用機序としては、腸内細菌叢の改善を通じた短鎖脂肪酸の産生増加の影響が考えられている。腸内細菌由来の短鎖脂肪酸は、皮膚バリア機能(保湿力)の改善に有用であるとする報告、および皮膚炎症の抑制に有用であるとする報告がある。また、睡眠や疲労感の改善が肌機能の改善に寄与した可能性もあり、複合的な要因が影響したものと推測されている。

■発表誌
学術誌名:「Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition」
論文タイトル:Dietary Intervention of Prebiotic Partially Hydrolyzed Guar Gum Improves Skin Viscoelasticity, Stratum Corneum Hydration, and Reduction of Trans-Epidermal Water Loss: A Randomized, Double-Blind, and Placebo-Controlled Clinical Study in Healthy Humans.

著者:Mahendra P. Kapoor, Aya Abe, So Morishima, Atsushi Nakajima, Makoto Ozeki, Norio Sato

URL:https://url.us.m.mimecastprotect.com/s/ZeslCyP6mEtyKWj1QhQH-Zx?domain=doi.org

関連記事

  1. ビタミンDと免疫でセミナー
  2. 食品原料の販売と購入をつなぐICS-netのWebサービス「シェ…
  3. 林原、来年2月に“食の安全・健康情報”に関するセミナーを開催
  4. 「食品ITフェア2019」を3月5日・8日に開催
     話題R…
  5. フレイルになる人は2年前に舌の動きが衰えていた―岡山大学の研究
  6. 三菱商事ライフサイエンスグループ3社の会社統合
  7. 早稲田大学、酪酸産生機能を有する新細菌群(C細菌群)をヒト腸内フ…
  8. 科学的知見に基づく考え方や添加物の有用性・安全性を啓発
    日…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP