未分類

【品質安全】最新の食品成分分析技術

―公定法VS迅速・環境対応法―
 原料の成分確認や製造工程の管理、製品の品質評価や栄養評価のための食品の成分分析は、高まる品質への要求と食品をとりまく法規制の改正の中で、分析項目、頻度とも増えており、迅速・簡便法のニーズが高まっている。またこのところの食品原料の高騰できちんと成分分析をすることで、原料の歩留まりを上げていくための自主管理のニーズも高まってきている。


→続きは食品と開発6月号で
<主な分析・測定メーカー>
アクタック
アステック
ゲルハルトジャパン
ジェイサイエンスラボ
住化分析センター
なかやま理化製作所
日本シイベルヘグナー
日本ダイオネクス
日本ビュッヒ
フォス・ジャパン
ブルカー・オプティクス
LECOジャパン

関連記事

  1. 【5月号連載】機能性食品開発のための知財戦略(5)
    食品用…
  2. クローズアップ
  3. CLOSE UP
  4. 【8月号連載】産学官シリーズ60 世界遺産からの自然の恵み「弘前…
  5. 【7月号連載】機能性食品開発のための知財戦略(7)
    食品…
  6. クローズアップ
  7. ●2003年食品の安全性問題が今年最大のテーマに
  8. 【素材レポ】ジボダン、TasteTrek Citrusで新しいオ…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP