未分類

【品質安全】最新の食品成分分析技術

―公定法VS迅速・環境対応法―
 原料の成分確認や製造工程の管理、製品の品質評価や栄養評価のための食品の成分分析は、高まる品質への要求と食品をとりまく法規制の改正の中で、分析項目、頻度とも増えており、迅速・簡便法のニーズが高まっている。またこのところの食品原料の高騰できちんと成分分析をすることで、原料の歩留まりを上げていくための自主管理のニーズも高まってきている。


→続きは食品と開発6月号で
<主な分析・測定メーカー>
アクタック
アステック
ゲルハルトジャパン
ジェイサイエンスラボ
住化分析センター
なかやま理化製作所
日本シイベルヘグナー
日本ダイオネクス
日本ビュッヒ
フォス・ジャパン
ブルカー・オプティクス
LECOジャパン

関連記事

  1. 【品質安全】Food ITソリューションの最新動向
  2. 【支援技術レポ】遠心分離、膜分離、遠心薄膜濃縮によるトータルソリ…
  3. 【3月号】受託製造企業の動向
  4. 【新素材レポート】
  5. 食品分野における天秤・はかりの最新動向
  6. CLOSE UP
  7. 注目される過熱蒸気の食品加工への利用
  8. 食品開発におけるフレーバーの利用動向

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP