未分類

【市場動向】たん白・ペプチド素材の市場動向


新興市場国における食糧需要の拡大、バイオエタノール需要の増大による穀物価格の高騰、エネルギーコストの上昇などを背景に食糧価格の高騰が止まらない。たん白素材も同様に昨年から高値で推移している。たん白素材は古くから食品の物性改良、結着、起泡性などを目的に利用され、加工食品の安定した品質と価格の維持に貢献しているが、食品原材料の高騰や資源不足が深刻化するなか、改めてたん白素材の物性価値と栄養価値が見直されている。
本稿では各種たん白・ペプチド素材の最新動向を、原料事情やサプライヤーの開発状況、利用状況を交えながら探る。
<主なサプライヤー>
アーラフーズイングレディエンツジャパン
アサマ化成
エー・ディー・エム・ファーイースト
奥野製薬工業
オルガノ
科研製薬/科研ファルマ
KISCO
キユーピータマゴ
光洋商会
SINOGLORY(日本総代理店:今中㈱)
CBC
タツア・ジャパン
ナガセケムテックス
日成共益
日本新薬
フォンテラジャパン
フジプロテインテクノロジー
メグレ・ジャパン

関連記事

  1. 進展する茶素材の機能性研究と市場動向
  2. 食品産業における温度管理技術の最新動向
  3. 【市場動向】食物繊維素材の最新市場動向
  4. 今週の食人(Shoku-Nin)シリーズ3
  5. CLOSE UP
  6. 編集部から
  7. 【市場動向】プロバイオティクス・プレバイオティクス素材の動向
  8. ●食品開発展2003、先進主要国のニュートラシュティカルの潮流

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP