未分類

【健康素材】大豆由来機能素材の市場動向


大豆は畑の肉という言葉が日本にはあるように、その栄養価については古くから知られ、大豆の健康イメージを作ってきたが近年はそこにエビデンスに裏付けられた健康情報が加わり、新たな市場展開が始まっている。大豆由来の成分では、大豆たん白、イソフラボンを筆頭に、リン脂質、ステロール、さらに発酵を経て得られるナットウキナーゼなど国内だけでなく海外でも機能性が評価され、利用されている。
本稿では、注目の大豆由来機能性素材の動向についてみていく。
<主なサプライヤー>
J-オイルミルズ
素材機能研究所
常盤植物化学研究所
ニチモウバイオティクス
日清オイリオグループ
フジッコ

関連記事

  1. 【素材レポ】オリーブ果実抽出物「HIDROX6%」の機能性と食品…
  2. 【特別レポ】チア・シード
  3. 高機能化が進む電子天びんの最新動向
  4. 品質トレーサビリティを支援する生産・情報管理、商品規格書作成シス…
  5. 【11月号】食用色素の市場動向
  6. 角を矯めて牛を殺す―何度この諺を引用したことか
  7. 【9月号】食品工場の洗浄除菌剤・防虫資材と清浄度キット
  8. 食品表示とラベラー・印字機・印字検査機

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP