バックナンバー

【1月号特集】食品の安全を保証する(「フード・フォラム・つくば」より)

新しい食安全のパラダイムとは―食品・農業バイオテロへの警告―

  国際食品問題アナリスト・コーネル大学評議員・ジョージタウン大学法科大学客員教授  松延 洋平

食の安全を求めて―リスクコミュニケーションの思想と技法

  追手門学院大学 経営学部 マーケティング学科教授  金川 智恵

食品の期限表示と期限設定のためのガイドライン

  静岡県立大学食品栄養科学部客員教授 国立医薬品食品衛生研究所名誉所員  米谷 民雄

人間の認知・行動特性からみたヒューマンエラー

  産総研人間福祉医工学研究部門 認知行動システム研究グループリーダー  熊田 孝恒


<主な内容>
●新しい食安全のパラダイムとは―食品・農業バイオテロへの警告―
1.食の安全を支える「学際」「業際」「国際」
2.進むグローバル化―WTO、WHO、WCO
3.大規模カタストロフィー被害への対応
4.『危機管理』への歴史的視点
5.食の危機管理としての緊急対応と事後処置
6.民間と官の連帯―分担と協力
●食の安全を求めて―リスクコミュニケーションの思想と技法
はじめに
1.リスクコミュニケーションの特性
2.リスク認知
3.リスクコミュニケーションによる信頼性の形成
まとめ
●食品の期限表示と期限設定のためのガイドライン
1.食品の表示と関連法規
2.期限表示について
3.近年に起きた偽装事件と行政的対応
4.食品期限表示の設定のためのガイドライン
5.期限表示の問題点と今後の動き
●人間の認知・行動特性からみたヒューマンエラー
はじめに
1.エラー(過誤)とは
2.エラーを生じさせる人間の認知・行動特性
3.エラーを低減する機能
まとめ

関連記事

  1. 【6月号】無機元素分析技術の進歩
  2. 特集Ⅰ/注目のISO22000
  3. 糖質と健康 「フードフォーラムつくば」より
  4. 食品産業におけるISOの最新動向
  5. 食品の安全を考える
  6. 【2017年6月号・特集】食品粉粒体技術の進展
  7. 【7月号特集】食料自給率と食のリスク(「フード・フォラム・つくば…
  8. 【2016年10月号・特集】認知・ストレス・睡眠改善機能をもつ食…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP