ヘッドラインニュース

「減感作療法の花粉健食、流通不可」 厚労省が見解示す

 スギ花粉を使った健康食品を摂取した和歌山県の女性がアナフィラキシーショックを起こした問題で、厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課の村上貴久課長は本紙に対し、花粉を原料に用いた健康食品について「減感作療法を期待して製造された商品は医薬品とみなし、(食品として)流通させない」との見解を示した。→続きは『健康産業速報』第1113号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 消費者庁、健食表示の取締方針 薬事法違反は厚労省へ
  2. 厚労省調査、栄養補助食品・特保の摂取量が増加
  3. バイブル本事件、史輝出版課長らに懲役求刑
  4. 食品安全委、疾病リスク低減特保の評価に着手
  5. サントリー、ウイスキー成分で糖尿病合併症予防
  6. NNFA−J、GMPプログラムを新機関に譲渡
  7. 総務省 家計調査4月 健食支出額、増加傾向に 前年同月比はマイナ…
  8. 臨床栄養学会・臨床栄養協会が大連合大会、千人超が参加
PAGE TOP