ヘッドラインニュース

「減感作療法の花粉健食、流通不可」 厚労省が見解示す

 スギ花粉を使った健康食品を摂取した和歌山県の女性がアナフィラキシーショックを起こした問題で、厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課の村上貴久課長は本紙に対し、花粉を原料に用いた健康食品について「減感作療法を期待して製造された商品は医薬品とみなし、(食品として)流通させない」との見解を示した。→続きは『健康産業速報』第1113号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 西洋ハーブのOTC開発議論、本格化
  2. 議連・健食問題研究会 地域経済活性化で意見交換 長勢前法相も出席…
  3. 家計調査・健食支出、4ヵ月連続で前年同月上回る
  4. 米NNFA展 ノニ等、果実系が人気 トレンドは「リキッド健食」
  5. 日健栄協 賀詞交歓会を開催 厚労省、健食に期待感 「業界の団結を…
  6. 18年度予算概算要求 機能性表示で買い上げ調査、DB改修も
  7. 家計調査12月、健食支出21%の大幅増
  8. 厚労省分科会、栄養機能食品の基準見直しで合意
PAGE TOP