ヘッドラインニュース

健康産業新聞と総研 健食ニーズ徹底分析 「効果効能」を最重要視 消費者2000人以上が回答

 健康産業新聞と受託試験企業の総合健康開発研究所(総研)が共同で行った健康食品のニーズに対する消費者実態調査結果が、22日までにまとまった。健康産業新聞が消費者を対象にこうした調査を行うのは初めてとなる。調査は3月に、総研の登録被験者バンク13万人のうち、健康食品の購入経験のある消費者を対象にアンケートを行い、成人2156人から有効回答を得た。→続きは『健康産業速報』第1113号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日健栄協・特保講習会、「食安委の報告書に違和感」
  2. 九州の健康食品市場規模まとまる
  3. 景表法違反の責任、個々に判断
  4. マカ市場、100億円超に 一般食品への利用進む
  5. 健康食品と有用性情報をリンク
  6. 健食テーマに合同シンポ
  7. 農水省、ORACの普及に着手
  8. 味の素、健康事業で売上高1000億円目指す
PAGE TOP