ヘッドラインニュース

健康産業新聞と総研 健食ニーズ徹底分析 「効果効能」を最重要視 消費者2000人以上が回答

 健康産業新聞と受託試験企業の総合健康開発研究所(総研)が共同で行った健康食品のニーズに対する消費者実態調査結果が、22日までにまとまった。健康産業新聞が消費者を対象にこうした調査を行うのは初めてとなる。調査は3月に、総研の登録被験者バンク13万人のうち、健康食品の購入経験のある消費者を対象にアンケートを行い、成人2156人から有効回答を得た。→続きは『健康産業速報』第1113号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. アスタキサンチン、新製品ラッシュでブーム到来
  2. 厚労省、健食安全対策で「成分基準」設定へ
  3. 沖縄版「食事バランスガイド」を策定
  4. 健食含む「遺伝資源」で国際会議
  5. インデナ、新素材「カキネガラシ」の提案開始
  6. 抗加齢医学会、アンチエイジングの専門医・指導士を認定
  7. 厚労省 被害発生時の初動体制整備 健食等の風評被害防止へ 今年度…
  8. 景表法に消費者団体訴訟制度を導入へ 健食等の被害拡大防止
PAGE TOP