ヘッドラインニュース

健康産業新聞と総研 健食ニーズ徹底分析 「効果効能」を最重要視 消費者2000人以上が回答

 健康産業新聞と受託試験企業の総合健康開発研究所(総研)が共同で行った健康食品のニーズに対する消費者実態調査結果が、22日までにまとまった。健康産業新聞が消費者を対象にこうした調査を行うのは初めてとなる。調査は3月に、総研の登録被験者バンク13万人のうち、健康食品の購入経験のある消費者を対象にアンケートを行い、成人2156人から有効回答を得た。→続きは『健康産業速報』第1113号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 薬健研勉強会、抗酸化サプリの有効利用法紹介
  2. 議連「健食問題研究会」、消費者代表の見解に反論
  3. 食品安全委、特保の安全性評価で新提案
  4. 厚労省など、健食被害防止で啓発冊子
  5. 都、今年も健食製造業者に立入調査
  6. サントリー08年方針、健食事業で売上335億円目指す
  7. 16年度家計調査 健食支出、2年連続2桁増
  8. 総務省 06年の家計調査 健食支出、前年比18%減 12ヵ月連続…
PAGE TOP