ヘッドラインニュース

健食等の「定期購入」トラブル増 国センが再度注意喚起

国民生活センターは16日、健康食品等の通販でお試しのつもりが定期購入になるトラブル相談が収まらないことから、消費者に再度の注意喚起を行った。また事業者に改善を求めるとともに、消費者庁に対し、法違反行為への厳正な執行を要望した。

16年度の定期購入トラブルは1万4314件で、11年度の27.5倍に激増。国センでは昨年6月に注意喚起を行っているが、今年度に入っても収まる気配がなく、4~10月の相談件数は7814件で、前年同期比1.9%増となっている。このうち健康食品は4602件で、ダイエット系、バストアップ系、筋力増強系のサプリメントが用いられている。

 

 

関連記事

  1. 米国サプリ産業、GDPに貢献 波及効果含め13兆円に迫る
  2. 臨床栄養学会等、9月に連合大会 健食報告集作成へ
  3. 通関(確報)7月期 ローヤルゼリー伸び悩む
  4. 「規制改革実施計画」が閣議決定、「機能性表示」改善策が始動
  5. 〔新春特別企画〕健康食品2007年ヒット予測
  6. 東洋新薬、電通と健食コンサル会社を合弁で設立
  7. 16年度「家計消費状況調査」健食ネット通販9.6%増
  8. 台湾産RJから抗生物質 厚労省、検査命令へ
PAGE TOP