ヘッドラインニュース

健食等の「定期購入」トラブル増 国センが再度注意喚起

国民生活センターは16日、健康食品等の通販でお試しのつもりが定期購入になるトラブル相談が収まらないことから、消費者に再度の注意喚起を行った。また事業者に改善を求めるとともに、消費者庁に対し、法違反行為への厳正な執行を要望した。

16年度の定期購入トラブルは1万4314件で、11年度の27.5倍に激増。国センでは昨年6月に注意喚起を行っているが、今年度に入っても収まる気配がなく、4~10月の相談件数は7814件で、前年同期比1.9%増となっている。このうち健康食品は4602件で、ダイエット系、バストアップ系、筋力増強系のサプリメントが用いられている。

 

 

関連記事

  1. 日米協議、健食を議題に
  2. 食物繊維の学術団体「ファイバーアカデミア」が発足
  3. 大分県、薬店で販売の健食から医薬品成分
  4. 都の健食専門委、報告書案固まる
  5. 経産大臣が成長戦略、新健康産業を創出
  6. 国内3社の牛骨ゼラチン、経産省助成事業で安全性立証
  7. 消費者庁、きょう1日発足
  8. 民主・前田議員 衆院で厚労省の責任追及 「4・13」の経済損失調…
PAGE TOP