ヘッドラインニュース

健食等の「定期購入」トラブル増 国センが再度注意喚起

国民生活センターは16日、健康食品等の通販でお試しのつもりが定期購入になるトラブル相談が収まらないことから、消費者に再度の注意喚起を行った。また事業者に改善を求めるとともに、消費者庁に対し、法違反行為への厳正な執行を要望した。

16年度の定期購入トラブルは1万4314件で、11年度の27.5倍に激増。国センでは昨年6月に注意喚起を行っているが、今年度に入っても収まる気配がなく、4~10月の相談件数は7814件で、前年同期比1.9%増となっている。このうち健康食品は4602件で、ダイエット系、バストアップ系、筋力増強系のサプリメントが用いられている。

 

 

関連記事

  1. 厚労省 健食安全性検討会 7月10日初会合 業界の自主的対応に期…
  2. 原産地表示義務化、消費者庁、意見募集
  3. ロート製薬、特保の新素材開発に注力
  4. 日健栄協、3社にGMP認定
  5. 健食製造者の「届出制」浮上
  6. 厚労省、食薬区分改正を通知
  7. 「食」ビジネス、医療・介護分野に拡大
  8. 日健栄協・林理事長 有用な健康食品の「5条件」 エビデンスを重要…
PAGE TOP