ヘッドラインニュース

07年上半期 健食受託市況 3割が経営状況悪化 後半は「良くなる」半数

 健康食品受託企業の2007年上半期の経営状況は3割が悪化したものの、下半期は「良くなる」と予想する企業が5割に上ることが、健康産業新聞が4日までにまとめた調査でわかった。調査は全国の健食受託企業200社を対象に実施、77社から回答を得た。→続きは『健康産業速報』第1133号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省、アガリクス2品の安全性「問題なし」
  2. マルチ取引の相談増加 健食の悪用目立つ 警察庁などへ情報提供
  3. ロート製薬、乳酸菌成分の美白効果を確認
  4. カネカ、米CoQ10製造設備が来夏完成予定
  5. 経産省 「健康アイランド九州」構想 健食の開発・量産拠点に 「世…
  6. 加工食品の業者間取引にJAS法適用へ 健食原料にも影響か
  7. ”新油”市場が急拡大 300億円にリーチ アマニ流通量、2年で1…
  8. アスタキサンチンに抗がん効果
PAGE TOP