ヘッドラインニュース

07年上半期 健食受託市況 3割が経営状況悪化 後半は「良くなる」半数

 健康食品受託企業の2007年上半期の経営状況は3割が悪化したものの、下半期は「良くなる」と予想する企業が5割に上ることが、健康産業新聞が4日までにまとめた調査でわかった。調査は全国の健食受託企業200社を対象に実施、77社から回答を得た。→続きは『健康産業速報』第1133号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ヤヱガキ醗酵、機能性健康酢をOEM供給
  2. カネカ、機能性食品事業を強化 第1弾にCoQ10新素材など投入
  3. 日本ゼラチン工業組合、コラーゲンペプチド規格を制定
  4. 林原のスポンサーに長瀬産業
  5. 民主党マニフェストに「食品安全庁」構想
  6. 東北地方太平洋沖地震 宮城県、日健栄協に支援要請
  7. オリザ油化、クルミ・ニラなど新素材2品上市
  8. 東洋新薬、「フラバンジェノール」にダイエット効果
PAGE TOP