ヘッドラインニュース

07年上半期 健食受託市況 3割が経営状況悪化 後半は「良くなる」半数

 健康食品受託企業の2007年上半期の経営状況は3割が悪化したものの、下半期は「良くなる」と予想する企業が5割に上ることが、健康産業新聞が4日までにまとめた調査でわかった。調査は全国の健食受託企業200社を対象に実施、77社から回答を得た。→続きは『健康産業速報』第1133号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ファイン、ソフトカプセル工場が兵庫県に完成
  2. 山之内製薬、健食販売子会社をアサヒビールに譲渡
  3. 新制度めぐり困惑広がる
  4. 食品開発展、10月5日開幕
  5. 規制改革要望、6月1日から受付スタート
  6. 農水省、機能性食品で新需要創造 5課題を採択
  7. 雪印乳業、米国で「MBP」商品第1弾
  8. エグゼクティブ会議に140人 健食立法化に向け本格始動 大濱議長…
PAGE TOP