ヘッドラインニュース

厚労省 残留農薬新制度が大詰め 11月に告示、来年5月実施

 厚生労働省は7日、農薬・動物用医薬品部会を開き、残留農薬ポジティブリスト制度の導入に当たり実施した意見募集への回答案を示した。食品・医薬品メーカーだけでなく、各国政府、研究機関、業界団体など135の個人・団体から意見が寄せられるなど、内外から大きな注目を集めていることが改めて浮き彫りになった。

関連記事

  1. 中国、健食規制を強化
  2. 食品新素材研究会に110人 免疫特保、実現に課題も
  3. 錠剤・カプセル「届出制」提言
  4. ケンコーコム、アガリクスの安全性調査結果を発表
  5. 健食支出、7-9月は26%減 市場規模縮小は必至か
  6. 残留農薬の新制度 健康食品にも影響大
  7. サン・クロレラ、「クロレラが妊産婦のダイオキシン排泄」
  8. くまもとテクノ産業財団、九州に健食受託機関を設立
PAGE TOP