ヘッドラインニュース

JIHFS・大濱理事長 業界内の認識一致求める 健食制度見直しで持論展開

 日本健康食品規格協会(JIHFS)の総会と記念セミナーが21日、都内で開かれ、会員企業などを中心に約90人が参加し、盛大に行われた。GMPの認証制度の確立に向けて設立された同会は、会員企業64社、GMP認定企業9社に加え、GMPマーク使用製品数が100を超えるなど、業界における存在感を増している。→続きは『健康産業速報』第1138号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省・予算概算要求 健食対策で新規事業
  2. 経産省 地域資源活用で新法提出 健康食品企業など支援 商品開発で…
  3. 09年度訪販市場、2兆円割る
  4. デグサ社、PS新素材の本格供給開始(1/24 )
  5. 財務省 輸入通関速報 クロレラ1000トン突破
  6. がん代替療法の支出額 年間9,000億円以上に 筑波大・兵頭氏が…
  7. 都の健食試買調査、77品中62品が違反
  8. 16年度、コラーゲン供給量2.5%減 ゼラチンは2%増、5年連続…
PAGE TOP