ヘッドラインニュース

JIHFS・大濱理事長 業界内の認識一致求める 健食制度見直しで持論展開

 日本健康食品規格協会(JIHFS)の総会と記念セミナーが21日、都内で開かれ、会員企業などを中心に約90人が参加し、盛大に行われた。GMPの認証制度の確立に向けて設立された同会は、会員企業64社、GMP認定企業9社に加え、GMPマーク使用製品数が100を超えるなど、業界における存在感を増している。→続きは『健康産業速報』第1138号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. フレンテ子会社とライオンが業務提携、 乳酸菌食品で特保申請目指す…
  2. 東京都 ネットの広告表示調査 健食業者等に改善指導 法令順守の啓…
  3. 06年度通販売上高、過去最高の3兆6800億円
  4. 栄養機能食品、規格基準値見直しへ
  5. 通販協調査、健食含む「食料品」の伸び率が今年最高に
  6. 食品安全委、大豆イソフラボン評価書案 上限値は変更なし
  7. 大豆イソフラボン特保、厚労省が表示変更検討へ
  8. 18年上期スーパーフードトレンド予測、1位はハナビラタケ
PAGE TOP