ヘッドラインニュース

JIHFS・大濱理事長 業界内の認識一致求める 健食制度見直しで持論展開

 日本健康食品規格協会(JIHFS)の総会と記念セミナーが21日、都内で開かれ、会員企業などを中心に約90人が参加し、盛大に行われた。GMPの認証制度の確立に向けて設立された同会は、会員企業64社、GMP認定企業9社に加え、GMPマーク使用製品数が100を超えるなど、業界における存在感を増している。→続きは『健康産業速報』第1138号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日健栄協、α-リポ酸の規格基準作成へ
  2. サン・クロレラ、「エゾウコギで皮膚コラーゲン減少抑制」
  3. 規制改革会議が再開 健食表示緩和、「確実な実現を」
  4. グルコサミン研究会が初会合、医療従事者も注目
  5. 食物繊維の学術団体「ファイバーアカデミア」が発足
  6. 都発表、台湾産健康飲料から医薬品成分
  7. 規制改革要望に厚労省が回答 4.13事務連絡、拘束力なし 「直ち…
  8. 健食支出、11月は1000円割れ
PAGE TOP