ヘッドラインニュース

JIHFS・大濱理事長 業界内の認識一致求める 健食制度見直しで持論展開

 日本健康食品規格協会(JIHFS)の総会と記念セミナーが21日、都内で開かれ、会員企業などを中心に約90人が参加し、盛大に行われた。GMPの認証制度の確立に向けて設立された同会は、会員企業64社、GMP認定企業9社に加え、GMPマーク使用製品数が100を超えるなど、業界における存在感を増している。→続きは『健康産業速報』第1138号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 三協・日の出工場、ISO22000の認証取得
  2. リコム、キノコキトサンで「食事制限なしにダイエット可能」
  3. 経済関係者らが参加、「統合医療を実現する会」発足
  4. 富士経済、「シルバー&シニアフード」の市場調査結果発表
  5. エグゼクティブ会議が賀詞交歓会
  6. 厚労科学研究、健食の安全確保事業を推進
  7. 米ホールフーズ合併問題、連邦地裁はFTC主張を棄却
  8. バイブル本事件、健食販社社長らに執行猶予付き有罪判決
PAGE TOP