ヘッドラインニュース

機能性表示「エキス」追加案 結論先送り、18日再検討

消費者庁は4日、「機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会」の第9回会合を開催、機能性関与成分が不明確なものの扱いについて、「エキス」を定義づけて一部を制度の対象に加える方針でまとまりかけたが、合意形成直前に”待った”がかかり、結論が先送りされた。


時間切れで検討できなかったビタミン・ミネラルの扱いと合わせて、今月18日に改めて議論する。傍聴した企業からは、「前段の議論は何だったのか」と段取りを批判する声が聞かれた。
この日は・・・

(詳しくは10月07日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 機能性評価事業 「評価パネル」取組開始
  2. 通販企業、4割強が健康食品販売
  3. 健康茶市場、550億円を堅持
  4. 健康と食品懇話会 会長に日本水産・関口氏
  5. ミツバ貿易、サージの化粧品提案強化
  6. 「消費者委員会」メンバー固まる
  7. 林原のスポンサーに長瀬産業
  8. 薬学会、26日から京都で
PAGE TOP